Firefox リリースノート

バージョン 22 ベータ版 リリース

このバージョンの変更点と既知の問題を掲載しています。いつものように フィードバックを提供 するか バグを報告 して、Firefox の改良にご協力ください。

このバージョンでの変更点

  • 新機能

    Windows: 画面のスケーリングオプションに従うようになりました。これにより高解像度のディスプレイにおいて文字をより大きく描画できるようになりました。

  • 新機能

    Mac OS X: ドックアプリケーションアイコンにダウンロードの進行状況が表示されるようになりました。

  • 新機能

    HTML5 の audio と video のプレイバックレートを変更できるようになりました。

  • 新機能

    アドオンマネージャにソーシャルサービスの管理機能が追加されました。

  • 新機能

    asm.js による最適化 (OdinMonkey) が利用できるようになりました。これによりパフォーマンスが向上しました。

  • 変更

    Canvas が非同期に更新されるようになり、WebGL の描画性能が向上しました。

  • 変更

    テキストファイル表示時に、単語を折り返して表示するようになりました。

  • 変更

    セキュリティ向上のため、|Components| オブジェクトを Web コンテントから参照できなくなりました。

  • 変更

    画像描画のメモリ使用量とスピードが向上しました

  • 変更

    全画面表示以外でも、Pointer Lock API を利用できるようになりました。

  • 開発者

    CSS3 の Flexbox が実装され、デフォルトで利用できるようになりました。

  • 開発者

    新しい Web Notifications API が実装されました。

  • 開発者

    clipboardData API が追加され、JavaScript からユーザのクリップボードへアクセスできるようになりました。

  • 開発者

    新しいフォントインスペクタが組み込まれました。

  • HTML5

    <data>要素と<time>要素を利用できるようになりました。

  • 修正

    高解像度スクロールに対応したタッチパッドでのスクロールが遅く感じられる問題を修正しました。 (Bug 829952)

既知の問題

  • 未解決

    ロックされたプロファイルで Firefox を起動しようとするとクラッシュします。 (Bug 573369)

  • 未解決

    Download statusbar アドオンを使用すると、通常ブラウジング時に始めたダウンロードが、プライベートブラウジング切り替え時に終了しない不具合があります。 (Bug 853463)