Mozilla Foundation、数々の賞に輝く Firefox ブラウザをはじめとする、フリーなオープンソースインターネットソフトウェアの開発を推進するため、新組織を設立

Mozilla Firefox の幅広い人気が、様々な公共の利益につながる新たな機会を追求する完全子会社の設立を可能に

非営利の公益ソフトウェア開発組織である Mozilla Foundation は本日、「Mozilla Corporation」という名前の完全子会社を設立したことを発表しました。Mozilla Corporation は課税対象となる子会社ですが、親組織である Mozilla Foundation や巨大な Mozilla コミュニティが掲げている、非営利、公益目的を果たすものです。人気の Web ブラウザ「Mozilla Firefox」やメールクライアント「Mozilla Thunderbird」といった、Web 上での選択肢の提供と革新を推進する、オープンで優れた無償のエンドユーザ製品を開発、配布するため、様々な資源を有効活用していきます。

2005 年 8 月 3 日 (米国カリフォルニア州マウンテンビュー) - 非営利の公益ソフトウェア開発組織である Mozilla Foundation は本日、「Mozilla Corporation」という名前の完全子会社を設立したことを発表しました。Mozilla Corporation は課税対象となる子会社ですが、親組織である Mozilla Foundation や巨大な Mozilla コミュニティが掲げている、非営利、公益目的を果たすものです。人気の Web ブラウザ「Mozilla Firefox」やメールクライアント「Mozilla Thunderbird」といった、Web 上での選択肢の提供と革新を推進する、オープンで優れた無償のエンドユーザ製品を開発、配布するため、様々な資源を有効活用していきます。

Mozilla Corporation の設立は、Mozilla プロジェクトの継続的な進化と成功を反映しています。Mozilla Foundation は、Mozilla プロジェクトとその技術の活力を維持することの重要性が認められ、2 年前に立ち上げられました。それ以来、主力製品である Mozilla Firefox が全世界インターネット利用シェアの 10% に達し、7,500 万ダウンロードを突破するなど、 Mozilla Foundation は前例のない成功を収めています。Mozilla Firefox は世界中の消費者の共感を得て、Web 上でのユーザ体験を向上させ、開かれたインターネットを維持することの重要性をさらに高めました。

「Mozilla Corporation の設立は、オープンソースの革新的なエンドユーザ製品を提供するにあたって、より一層の成功を収めるための新たな力を Mozilla Foundation にもたらしてくれます。」と、Mozilla Corporation の社長に就任した Mitchell Baker は述べています。「Mozilla Corporation は一般の企業体とは異なります。むしろ、インターネットの世界をオープンで誰もが利用できるよう維持するという、Mozilla プロジェクトの中心となっている公益目的に貢献するものです。」

Mozilla Firefox の幅広い採用は、Firefox そのものと、Firefox をめぐって形成されている商業的生態系の両方において、大きな経済的価値を生み出しています。

この経済的価値は意図されたものではありませんが、Web 上でオープンスタンダードを推進するために十分な市場シェアを持った Web ブラウザを提供するという Mozilla プロジェクトの最重要目的から来る現実的な副産物です。この価値と、その結果得られる利益を生み出す力は、慎重に管理された上で、Mozilla プロジェクトを自立させ、オープンで多様性を持ったインターネットを維持するために利用できます。

「Mozilla Foundation の精神と理念は、新しい組織モデルにおいても強く生き続けることでしょう。私たちは、インターネットでの革新と選択肢を提供する持続的で世界的な取り組みを推進しつつ、Mozilla Foundation がオープンソースソフトウェアコミュニティにおいて高い評価を受けることになったのと同様の使命や価値、協調的な原動力を保つことができる、最適な媒体を探し求めていました。」と、Mozilla Foundation の理事長である Mitch Kapor は述べています。

Mozilla Foundation は Mozilla プロジェクトの中核として存続し、オープンソースプロジェクトの運営、ソースコードの管理と配布、政策の制定、プロジェクトのすべての参加者との関係構築において、今後も主要な責任を負います。Mozilla Foundation がプロジェクトの運営、設備、ソースコードに注力する一方で、Mozilla Corporation は、マーケティング、資金提供、配布関連の様々な活動を含め、エンドユーザ製品の開発と提供に専念します。これらの活動は利益を生み出すことも予想されますが、Mozilla Corporation は、Mozilla プロジェクトが掲げるエンドユーザ体験への注力に沿い、親組織である Mozilla Foundation の公益目的にかなった形での利益追求のみを意図します。

Mozilla Foundation の原則が Mozilla Corporation を支える指針となるよう、この新会社は完全子会社となります。現在開発やマーケティングに携わっている Mozilla Foundation の従業員の大半は Mozilla Corporation に移籍します。どちらの組織も、Mozilla プロジェクトや Mozilla 製品を形作っている参加者が集う、広範なコミュニティの開発や指導に焦点を当てます。

Mozilla プロジェクトの運営に変更はありません。Mozilla プロジェクトの参加者 -- 個人ボランティアと、従業員を雇って開発に貢献してくれている企業のいずれも -- は、Mozilla コードの開発、検証、リリースへの組み込みにおいて、何ら違いを感じることはないでしょう。長年の経験によって培われた Mozilla 製品の開発方式は、2 年前の Mozilla Foundation 設立の際も変わりませんでしたし、今回の Mozilla Corporation 設立によって変わることもありません。

Mozilla Foundation の理事会メンバーは、Mitch Kapor、Brian Behlendorf、Mitchell Baker、Brendan Eich、Joichi Ito となります。Red Hat の Chris Blizzard は Foundation の理事会を離れ、Mozilla Corporation の理事会に参加します。Mozilla Corporation の理事会メンバーは、Chris Blizzard、Mitchell Baker、Reid Hoffman (LinkedIn 社 CEO) となります。

長年 Mozilla に参加し、プロジェクトの運営や政策に貢献してきた Frank Hecker が、政策担当として Mozilla Foundation に参加します。また、Mitchell Baker が Mozilla Corporation の社長に就任します。Mozilla プロジェクトの共同創設者であり、長年にわたって技術リーダーを務めてきた Brendan Eich が、Mozilla Corporation の最高技術責任者 (CTO) となります。Mozilla Foundation は、この 2 つの組織の理念と関係を構築するため、広範な諮問委員会の助言を求めてきました。

「Mozilla Foundation は Mozilla プロジェクトの生命中枢としての役割を果たし続けます。成功を収め活気に満ちたオープンソースプロジェクトであり続けるため、Mozilla コミュニティのすべての参加者や構成要素を代表して活動を続けていきます。」と、Foundation の政策担当に就任した Frank Hecker は述べています。「Mozilla Corporation の設立とあわせて、Foundation は、Mozilla プロジェクトの過去の成功を基にして、それをさらに拡大していける良い位置にいると思います。」

詳しくは www.mozilla.org を訪れてください。よくある質問、諮問委員会メンバーとそれぞれの背景、今回の発表に関するブログへのリンクが掲載されています。

Mozilla Foundation について

Mozilla Foundation は、2003 年 7 月に設立された、インターネット上での選択肢の提供と革新の推進をミッションとする非営利法人です。Mozilla オープンソースソフトウェアプロジェクトに対して、組織的、法的、財政的な支援を行うために存在しています。完全子会社 Mozilla Corporation の活動を含め、幅広い貢献者の調整役をしています。拠点はカリフォルニア州マウンテンビューです。詳しくは www.mozilla.org をご覧ください。

プレス関係者のお問い合わせ先

Mary Colvig または Todd Irwin
A&R Partners, Inc.
press@mozilla.org

このプレスリリースは米国報道発表資料の抄訳です。