Thunderbird リリースノート

Thunderbird 2 数々の賞を受賞している Mozilla のメールクライアント「Thunderbird」の次世代版です。

このリリースノートには、Thunderbird 2 に関する 新機能ダウンロードインストール方法既知の問題サポートとフィードバックに関する情報 が載っています。Bugzilla にバグを報告する前に、このリリースノートと バグの登録方法 をよくお読みください。

こちらの フィードバックフォーム から皆さんの声をお寄せください。【注: 申し訳ありませんが英語でお願いします】

Thunderbird 2.0.0.17 での変更点

リリース日
2008/09/25
セキュリティアップデート
この一覧にあるセキュリティ問題 が修正されています。
これまでの変更点
以前のバージョンでの変更点については Thunderbird 2.0.0.16 リリースノート をご覧ください。
Thunderbird 2 について
機能の概要については Thunderbird 2 の製品ページ をご覧ください。

Rumbling Edge に修正された主要なバグの一覧があります。

必要システム構成

インストールの前に、お使いのコンピュータが 必要システム構成 を満たしているか確認してください。

Thunderbird 2 のダウンロード

Mozilla では、Thunderbird 2 を Windows、Linux、Mac OS X 向けに様々な言語で提供しています。Thunderbird 2 の最新版はこちらからダウンロードできます

Mozilla によって提供されていない、他のシステム・言語向けのビルドについては、このページの最後にある「提供されたビルド」の項目をご覧ください。

Thunderbird 2 のインストール

Thunderbird 2 をインストールすると、すでにインストールされている Thunderbird は 上書きされます ので、ご注意ください。メッセージが削除されることはありませんが、拡張機能やその他のアドオンの一部は更新が提供されるまで利用できない可能性があります。

Thunderbird 2 の削除

Windows では スタートメニューコントロール パネル から、Mac では Thunderbird 2 アプリケーションを削除することで、Linux では thunderbird フォルダを削除することで、それぞれ削除できます。

Thunderbird 2 を削除しても、メッセージ、拡張機能やその他のアドオンは削除されません。これらデータは「プロファイルフォルダ」に保存されています。このフォルダの場所は、お使いの OS によって異なります。

Windows VistaUsers¥<ユーザ名>¥AppData¥Roaming¥Thunderbird
Windows 2000, XPDocuments and Settings¥<ユーザ名>¥Application Data¥Thunderbird
Windows NTWINNT¥Profiles¥<ユーザ名>¥Application Data¥Thunderbird
Windows 98, MEWindows¥Application Data¥Thunderbird
Mac OS X~/Library/Thunderbird
Linux および Unix システム~/.thunderbird

Thunderbird 2 を削除した後に再度 Thunderbird をインストールした場合、そのバージョンにかかわらず、引き続きこのプロファイルフォルダにあるデータが使用されます。

拡張機能とテーマ

Thunderbird 1.5 環境下でインストールされた拡張機能には互換性がなく、Thunderbird 2 で利用するために更新が必要となるものもあります。何か問題が見つかった場合はその拡張機能の管理者にご連絡ください。Thunderbird 2 をインストールすると、すべての拡張機能とテーマは a) Thunderbird 2 と互換性がある、b) 互換性のある新しいバージョンが利用できる、のいずれかの条件が整わないと利用できなくなります。

既知の問題

Thunderbird 2 で確認されている問題の一部を掲載します。新しいバグを報告する前に必ずお読みください。

すべてのシステム
  • Thunderbird 1.5.0.x で Buttons! 拡張機能 を利用していて Thunderbird 2 にアップグレードした場合、Thunderbird のメインウィンドウ下部に「----------------^<menuitem」という文字列を含む灰色の枠が表示されます。この問題を解決するには、この拡張機能を無効化するか、Buttons! 拡張機能の最新版をインストールしてください。
  • Thunderbird 1.5.0.x で ScheduleWorld 拡張機能を利用していて Thunderbird 2 にアップグレードした場合、すべてのフォルダが見えなくなってしまいます。この拡張機能を無効化してから Thunderbird を再起動すればフォルダが表示されるようになります。
  • 一部のファイアウォールソフトが Thunderbird の実行を自動的にブロックしてしまう場合があります。この問題は、Thunderbird のインストール直後や、前のバージョンからの更新直後にしばしば発生します。一般的なファイアウォールプログラムに関しては、Thunderbird のインターネット接続を許可するための 設定方法 が公開されています。
  • ユーザが書き込み権限を持たないローカルディスク上の場所に Thunderbird がインストールされている場合、ソフトウェアの更新が正常に動作しません。これは、ソフトウェアの更新機能が、この場所にあるファイルを置換もしくは作成するためです。
  • スペルチェック辞書は addons.mozilla.org から入手できます。
  • [メールビュー] ドロップダウンメニューはツールバー上にデフォルトで表示されなくなりました。この機能を使いたい場合は、[表示] > [ツールバー] > [カスタマイズ] で元に戻せます。
  • ネットワークへの接続状況に応じてオンライン状態を自動的に切り替えられる Thunderbird の機能を利用するには、network.autodial-helper.enabled の値を false に変更する必要があります。
  • 共通受信トレイと POP3 アカウント用受信トレイの使用を切り替える場合は、必ずメッセージを他のフォルダにコピーしておいてください。
  • 拡張機能・テーマ作者向けの Thunderbird 用「DOM インスペクタ」は addons.mozilla.org から入手できます。
Windows
  • NVIDIA RIVA TNT2 もしくは GeForce2 ベースのグラフィックカードをお使いの場合、メッセージリストペイン内のテキストが重なったり文字化けした状態で表示される場合があります。これは NVIDIA 製ドライバのバグが原因です。この問題は、NVIDIA のビデオドライバをアップグレードするか、[コントロールパネル] > [画面] > [設定] > [詳細設定] > [トラブルシューティング] を表示してハードウェアアクセラレータを 1 段階下げるか、回避策として この Thunderbird 向け拡張機能 をインストールすることで解決します。
Mac OS X
  • Intel Mac では、ネイティブの場合も Rosetta 上で実行している場合も Talkback 機能は利用できません。アプリケーションがクラッシュした際には、Apple のクラッシュ報告プログラムが起動します。
Linux and Unix
  • パスに空白を含む場所に Thunderbird をインストールすると、デフォルトのメールクライアントに設定できず、起動時に毎回確認ダイアログが表示されてしまいます。この問題を回避するには、パスに空白を含まない場所にインストールしてください。
  • GNOME との統合は Fedora Core 3 では正しく機能しません。Fedora Core 3 ユーザは、linc-1.0.3-3.1.i386.rpm をダウンロード・インストールする必要があります。この RPM をインストールしたら、Thunderbird をインストールしたディレクトリで次のコマンドを実行してください (書き込み権限が必要です)。

    touch .autoreg

    次に Thunderbird を起動したときから GNOME 統合が有効になります。

トラブルシューティング

  • 拡張機能によっては、安定性やパフォーマンスが低下するなどの問題を Thunderbird に引き起こすことがあります。Thunderbird の一部機能が使えない、Thunderbird が起動しない、ウィンドウの表示がおかしい、パフォーマンスが低下した、などの問題に遭遇した場合、拡張機能やテーマが原因となっている可能性があります。そのようなときは、Thunderbird をセーフモードで再起動してください。

    Windows では、スタートメニュー内に作成された「Mozilla Thunderbird (セーフモード)」というショートカットを使うか、thunderbird.exe -safe-mode で起動してください。Linux では ./thunderbird -safe-mode で起動してください。Mac OS X では、ターミナルを開いて以下のコマンドを実行してください。

    cd /applications/Thunderbird.app/Contents/MacOS/
    ./thunderbird-bin -safe-mode

    セーフモードで起動すると、拡張機能はすべて無効化され、デフォルトテーマが使用されます。問題の原因となった拡張機能やテーマを無効化してから、通常通り起動してください。

よくある質問

  1. どのような協力ができますか?

    私たちは少しでも多くの配布経路を必要としています。できる限り多くの友人や家族、同僚を Thunderbird に乗り換えさせることがあなたの使命です。もしあなたが学生なら、学校で Thunderbird を配布してください。リリースについて Slashdot やその他のニュースサイトに記事を投稿してください。あなたのブログから情報を流してください。インターネットを通じた大規模な配布も可能です。

  2. なぜ私が送ったメールに返事をくれないのですか?

    フォーラム をご利用ください。Thunderbird チームは常時このフォーラムをチェックしています。私たちは毎日多くのメールを受け取っているので、あなたが送ったメールは見過ごされる可能性もあります。

  3. 拡張機能やテーマ (アドオン) はどこで手に入りますか?

    Thunderbird 用アドオン のページをご覧ください。

  4. 誰が Thunderbird を開発しているのですか?

    多くの人が関わっています。Thunderbird に貢献している人たちの一覧を見るには、[ヘルプ] メニューの [Mozilla Thunderbird について] を開いて [クレジット] をご覧ください。

  5. ソースコードはどこにありますか?

    Thunderbird 2 のソースコードは tarball として ダウンロード できます。最新の開発コードは CVS を通じて入手可能です。Thunderbird 固有のソースは mozilla/mail と mozilla/mailnews、mozilla/toolkit、mozilla/chrome、 にあります。詳しくは ビルド方法 に従ってください。

提供されたビルド

Mozilla は、数多くのローカライズビルドを その製作者 に代わって配布しています。これらビルドは Thunderbird 2 ダウンロードページ で公開されています。

これらは非公式なビルドで、Mozilla のビルドとは設定が異なる場合があります。また、特定のプラットフォーム向けに最適化、テストされている場合もあります。

以下のリソースには、Thunderbird 2 に関して参考になる情報が載っています。