Thunderbird サポート

使い方ガイド - メッセージの整理

Thunderbird には、メッセージを整理するための様々な機能が搭載されています。

フォルダに分ける

メッセージを整理する最も一般的な方法は、受信したメッセージをフォルダに分けることです。次の手順でフォルダを作成し、メッセージを移動してください。

  1. フォルダを作成したいアカウントの名前を右クリックし、[新しいフォルダ...] を選択します。"新しいフォルダ" ダイアログが現れます。
  2. [名前] にフォルダ名を入力し、[作成先] のドロップダウンリストから作成先を選択してください。
  3. [フォルダを作成] ボタンをクリックするとフォルダが作成されます。
  4. 受信トレイを選択し、移動したいメッセージをスレッドペインから選択してください。
  5. メニューバーの [メッセージ] から [別のフォルダに移動] を選択し、先ほど作成したフォルダを選択します。前回と同じ移動先は [使用履歴] から選択できます。
  6. 上記の手順を繰り返してメッセージをフォルダに分けてください。

また、フォルダを右クリックし、[お気に入りフォルダ] を選択すると、フォルダペインの [お気に入りフォルダ] に表示されます。

アーカイブ

大量のメッセージを受信トレイに溜めこむと、メッセージの受信や読み込みが遅くなる原因になります。アーカイブ機能を使用すると、メッセージの送信日時を基準にフォルダが作成され、その年月ごとのフォルダにメッセージを移動します。メッセージをアーカイブフォルダに移動するには、メッセージを選択し、ツールバーの [アーカイブ] ボタンをクリックします。

詳しくは、Thunderbird ナレッジベースの メッセージの保管 の記事をご覧ください。

メッセージを自動で振り分ける

Thunderbird には、メッセージを様々な条件で振り分ける「メッセージフィルタ」機能が備えられています。

  1. メニューバーの [ツール] から [メッセージフィルタ] を選択し、"メッセージフィルタ" ダイアログを表示します。
  2. [対象アカウント] のドロップダウンメニューからメッセージを振り分けるアカウントを設定します。
  3. [新規] ボタンを押し、[フィルタの設定] ダイアログを表示します。
  4. [フィルタ名] にあなたが分かりやすい名前を入力します。
  5. フィルタを適用するタイミングを選択します。
    • メールチェック時: 新着メール受信時に実行します。迷惑メールフィルタより先に適用されます。
    • 手動で実行: 手動で実行します。新着メール受信時には実行しません。
    • メールチェック時と手動で実行: 新着メール受信時にも手動でも実行します。
    • メールチェック時 (迷惑メール分類後): 迷惑メールフィルタの後に実行します。
    • メールチェック時 (迷惑メール分類後) または手動で実行: 上と同様です。
  6. 条件の範囲を設定します。条件にすべて一致した場合に振り分ける時は [すべての条件に一致] を選択し、条件のどれか 1 つでも一致していた場合に振り分ける時は [いずれかの条件に一致] を選択します。または、条件に関係なく受信したすべてのメッセージにフィルタを適用する場合は [条件なし] を選択します。
  7. 条件を設定します ([条件なし] を選択した場合は設定する必要はありません)。[件名] と表示されているドロップダウンメニューから検索する項目を設定します。次のドロップダウンメニューで条件を指定し、最後のテキストボックス内に条件を入力します。条件を増やすときは、右端にある [+] ボタンを押します。逆に条件を削除する時は、削除したい条件の右端に表示されている [-] ボタンを押します。
  8. 次に条件に一致したときの動作を設定します。[以下の動作を実行する] という項目の最初のドロップダウンリストで [メッセージを移動する] や [メッセージを削除する] など Thunderbird の動作を使用します。移動やコピーなどの動作が伴う場合は2番目のドロップダウンリストで指定します。条件を増やすときは、右端にある [+] ボタンを押します。逆に条件を削除する時は、[-] ボタンを押します。
  9. フィルタの設定が完了したら [OK] ボタンを押します。フィルタをすぐに実行したい場合は、[メッセージフィルタの設定] ダイアログの [今すぐ実行] ボタンを押してください。

フィルタの内容を変更したい場合は、フィルタを選択し、[編集] ボタンを押します。

フィルタは一番上に表示された物から順に実行されます。フィルタの実行順を変更したい場合は、変更したフィルタを選択し [上に移動] [下に移動] ボタンを押して順番を変更してください。

フィルタを削除する場合は、削除するフィルタを選択し、[削除] ボタンを押してください。

削除せずにメール受信時の実行を無効化したい場合は、フィルタ名の右の有効チェックを外してください。

検索フォルダ

検索フォルダは、検索条件に一致したメッセージを集めて表示する特別なフォルダです。特定の条件で検索したメッセージを常に表示しておきたい場合は、検索フォルダを利用するとよいでしょう。

  1. メニューバーの [ファイル] から [新規作成] > [検索フォルダ] を選択します。"新しい検索フォルダ" ダイアログが現れます。
  2. [名前] に作成する検索フォルダの名前を入力します。
  3. [作成先] のドロップダウンメニューからフォルダを作成する場所を指定します。
  4. [検索対象] にある [選択] ボタンを押し、検索対象となるフォルダを選択します。チェックを入れたフォルダ内の条件に一致するメッセージが検索フォルダに表示されます。
  5. 条件の範囲を設定します。条件にすべて一致したものを表示する時は [すべての条件に一致] を選択し、条件のどれか 1 つでも一致していた場合に表示する時は [いずれかの条件に一致] を選択します。または、条件に関係なくすべてのメッセージに適用する場合は [条件なし] を選択します。
  6. [件名] と表示されているドロップダウンメニューから検索する項目を設定します。次のドロップダウンメニューで条件を指定し、最後のテキストボックス内に条件を入力します。条件を増やすときは、右端にある [+] ボタンを押します。逆に、条件を削除する時は [-] ボタンを押します。
  7. 条件の設定が完了したら [OK] ボタンを押してください。[OK] ボタンを押すと検索フォルダが作成されます。

検索フォルダは通常のフォルダと同じように右クリック [削除] で削除することができます。検索条件を変更したいときは、フォルダを右クリックして [プロパティ] を選択します。

スレッド表示

スレッド機能を使うことで関連するメッセージをまとめることができます。スレッド表示を行うには、メニューバーの [表示] から [並べ替え順序] > [スレッド] を選択します。
スレッド表示にすると、まとめられたメッセージの左に三角マークが表示され、そのボタンを押すことでスレッドの展開と折り畳みが行えます。また、メニューバーの [表示] > [スレッド] で、すべてのスレッドの展開と折りたたみや、未読メッセージのあるスレッドだけを表示することができます。

また、関連スレッドだけを新しいタブで開くこともできます。メッセージを選択して右クリックし、[新しいタブでスレッドを開く] を選択します。

グループ化

Thunderbird は、メッセージをグループ化して管理できます。例えば送信日時でグループ化するよう設定すると [今日] [昨日] [1 週間以内] などのスレッドに整理されます。スレッドの左に表示される三角マークでスレッドの展開と折りたたみを行えます。

この機能は [並べ替え順序] で [送信日時] [スター] [重要度] [送信者] [受信者] [状態] [件名] [タグ] [添付] が選択されている時にのみ使用できます。

メッセージのグループ化を行うには、グループ化を行うフォルダを選択し、メニューバーの [表示] から [並べ替え順序] > [グループ化] を選択します。グループ化を解除したい時は [並べ替え順序] > [非スレッド] を選択してください。また、[並べ替え順序] を切り替えることによってもグループ化は解除されます。

タグを使う

メッセージにタグを付ける時は、メッセージを選択した後にメールツールバーの [タグ] ボタンを押し、メッセージに付けるタグを選択します。また新しいタグを追加したい時は [新しいタグ...] で作成できます。

タグの削除や編集は、すべて Thunderbird の [オプション] ダイアログの [表示] パネル内にある [タグ] で行うことができます。

  • 追加: 新しいタグを追加します。タグ名と色を指定してください。
  • 編集: 選択したタグの名前を色を変更します。
  • 削除: 選択したタグを削除します。

タグは検索条件としても使用できます。[メッセージを検索] ダイアログで [件名] と表示されているドロップダウンメニューから [タグ] を選択すると検索の条件として登録されているタグを指定することができます。

メッセージを既読にする

既定では、未読のメッセージ (太字で表示されます) を表示すると自動的に既読状態になります。既読状態にする設定は、Thunderbird の [オプション] ダイアログの [既読と表示] タブから行えます。

未読に戻すには、既読のメッセージを選択して右クリックし、[マーク] > [既読にする] を選択してメニューのチェックを外します。

指定したメッセージをまとめて既読にすることもできます。既読にしたいメッセージを含むフォルダを選択し、メニューバーの [メッセージ] から [マーク] を選択します。

  • 既読にする: 選択されたメッセージが既読になります。
  • スレッドを既読にする: 選択されたメッセージを含むスレッドが既読になります。
  • 送信日時で既読にする: 送信日時を基準に、指定した期間のメッセージを既読にします。開始日と終了日は「2010/12/31」の書式で年月日を入力します。
  • すべてを既読にする: 選択されたフォルダ内のメッセージがすべて既読になります。