Thunderbird サポート

使い方ガイド - メッセージの作成と送信

メッセージ作成ウィンドウの構成

Thunderbird のメッセージ作成ウィンドウは他のメールクライアントから移行しても違和感がないように作られています。

1. メニューバー 2. 編集ツールバー 3. 差出人 4. 宛先 5. 件名 6. 添付 7. 書式ツールバー 8. 本文 9. ステータスバー メッセージ作成ウィンドウの画面構成

  1. メニューバー: メッセージの作成に必要な機能をここから利用することができます。
  2. 編集ツールバー: 初期設定では、送信、スペル、添付、セキュリティ、保存の各ボタンが表示されます。
  3. 差出人: 複数の差出人情報が設定されている場合はここで切り替えます。
  4. 宛先 (Cc, Bcc など): 送信先のメールアドレスを入力します。
  5. 件名: メッセージのタイトルを入力します。
  6. 添付: 添付したファイルが表示されます。ファイルが添付されていないときは隠れています。
  7. 書式ツールバー: メッセージ本文に文字装飾や画像、表、リンクなどを挿入するときに使用します。HTML 形式のメッセージを作成する場合に表示されます。
  8. 本文: メッセージの本文を入力します。
  9. ステータスバー: 情報が表示されます。

編集ツールバーのボタン

  • 送信: 作成したメッセージを送信します。
  • アドレス: アドレスサイドバーを表示し、アドレス帳から宛先へ追加することができます。
  • スペル: スペルチェック辞書が登録されている場合、本文のスペルチェックを行います。(Thunderbird には英語のスペルチェック辞書が同梱されています。今のところ日本語のスペルチェック辞書はありません)
  • 添付: メッセージにファイルを添付する時に使用します。
  • セキュリティ: メッセージの暗号化やメッセージにデジタル署名する時に使用します。
  • 保存: メッセージを下書きとして保存する時に使用します。ボタン右の三角マークをクリックすると、ファイルやテンプレートに保存できます。
  • 引用: 返信する時など、元のメッセージを引用して本文に挿入します。
  • 重要度: メッセージの重要度を設定します。
  • 切り取り / コピー / 貼り付け (Windows)、カット / コピー / ペースト (Mac): 選択されたテキストを切り取り、コピー、貼り付けします。

メッセージ形式の設定

Thunderbird のメッセージ作成ウィンドウはメッセージの内容に応じて自動的にテキスト形式と HTML 形式を切り替えます。