Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

アーカイブ - アドオン

WebVR が Firefox Nightly ビルドに登場

Mozilla は以前よりヴァーチャルリアリティ(VR) に関する研究と開発を行ってきました。

その成果が WebVR Oculus Rift Enabler アドオン として公開され、Firefox の Nightly ビルド で利用できるようになりました。

その結果、次の 3 ステップで WebVR を体験できるようになりました。

  1. Firefox Nightly ビルドをダウンロードします
  2. WebVR Oculus Rift Enabler アドオン をインストールします
  3. WebVR のコンテンツを表示します

e10s が有効になっている場合は、e10s を無効にしたウィンドウで WebVR コンテンツを表示してください。

詳しくは開発者である Vlad Vukicevic のブログ(英語)、もしくは Mozilla CTO の Andreas Gal のブログ(英語)をご覧ください。

また MozVR の Project ページで WebVR のデモが公開されています。こちらもあわせてご覧ください。

関連情報

SSL 3.0 の POODLE 脆弱性への対応について

各所で報道されていますように、SSL 3.0 に深刻な問題が発見されました。POODLE と呼ばれるこの脆弱性を利用することで、攻撃者は SSLv3 の通信からパスワードや cookie のような情報を盗み取ることが可能になります。

これに対応するため、Mozilla は米国時間の 2014 年 11 月 25 日に公開が予定されている Firefox の次バージョンより SSLv3 をサポートせず、標準状態では利用できなくすることを決めました。この設定は、10/14 夜(米国時間)に公開された Nightly ビルドで既に有効になっています。また次々バージョンより SCSV と呼ばれる、TLS のダウングレード保護機構をサポートします。

来月 (2014 年 11 月)のアップデートまでは、SSLv3は標準で有効になっています。安全に Web を閲覧するためにも、SSL Version Control アドオンを利用して、SSLv3を無効にしてください。

また Web サイト管理者の方は、管理されているサイトの設定を見直し、なるだけはやく SSLv3 を無効にされることをお勧めします。Internet Explorer 6 を除く、多くのブラウザは TLS 1.0 に対応しております。そのため SSLv3 を有効にする理由は少ないと思われます。設定の詳細についてはMozilla's Server Site TLS guidelines (英語) をご覧ください。

本件に関する詳細は Mozilla Security blog でご覧になれます。そちらもあわせてご覧ください。

Firefox なら、お気に入りのサイトにいつでもつながっていられます

[これは米国 Mozilla のブログに掲載された Stay Connected to the Things you Love with Firefox の抄訳です]

Firefox では、ユーザが自分の Web 体験を自分でコントロールできてカスタマイズも簡単なため、ユーザの思いどおりに Web を利用できます。美しいデザインで高度な機能を備えたカスタマイズメニューを使用すれば、自分だけの Firefox にすることができます。Firefox の機能、統合されたソーシャルサービスアドオンは、どれもこのメニューへの追加や削除ができ、メニューの編集が済んだら何千ものテーマから好きなものを選んでブラウザの外観を変更することもできます。

Firefox は、Facebook、Delicious、Weibo などのソーシャルサービスをブラウザに直接かつ簡単に統合できるようにした初めてのブラウザでもあります。Firefox のサイドバー、ソーシャルサービスの共有オプション、ツールバーの通知ボタンなどの機能を使用すれば、Web 上のどのサイトを閲覧しているときでも、お気に入りのソーシャルネットワークで友人や家族といつでもつながっていられます。カスタマイズ可能なメニューには新しいサイドバーボタンを追加することもできるようになったため、ソーシャルサービス、ブックマーク、履歴といったサイドバーへのアクセスが、これまで以上に簡単になりました。

Firefox で Goal.com にアクセスして、ワールドカップを思いきり楽しみましょう

本日 Mozilla は、非常に役に立つすばらしい Goal.com Firefox サイドバーを発表しました。このサイドバーで、サッカーの最新ニュースをブラジルからユーザのブラウザに直接お届けします。Firefox で Goal.com サイドバーを利用すると、ワールドカップの最新ニュースや独占記事、リアルタイムのスコアなど、ワールドカップに関するあらゆる情報を簡単に入手できます。

Screen Shot 2014-06-06 at 18.15.14.png

Windows、Mac、および Linux 版 Firefox の Goal.com サイドバー

試合が進むたびにトーナメントの結果を確認して、常に最新情報を把握しておくことも簡単です。ある一日に行われたさまざまな試合の結果を追跡でき、自分の国のエディションを選択すればその国の代表チームに関するあらゆるコンテンツを自動的に受信することもできるので、決定的な瞬間を見逃すこともありません。さらに、特定の試合をクリックして新しいタブで Goal.com マッチセンターを開くと、試合予定をチェックしたり選手の情報、評価、刻々と公開されるコメントを見たりすることもできます。

Goal.com サイドバーは、使わないときには簡単に隠したり無効にしたりできます。しかしワールドカップが閉幕したあともこのサイドバーをFirefox 上に残しておけば、世界中のあらゆる主要サッカーリーグから最新のニュースが届き、常に最新情報を把握できます。

世界各国で活動する 500 人以上の記者がお届けするオリジナルコンテンツで、世界で最も人気の高いスポーツにも、これまでになく簡単につながり続けることができます。Goal.com には十数言語のエディションが用意され、Firefox および Android 版 Firefox でご利用いただけます。Goal.com のFirefox OS 向けアプリは、まもなく Firefox Marketplace からご利用いただけます。今すぐこのサイドバーを Firefox に設定して、木曜日のキックオフに間に合わせましょう!

関連情報:

Windows、Mac、および Linux 版 Firefox のリリースノート
Firefox のダウンロード
Android 版 Firefox のリリースノート
Android 版 Firefox のダウンロード
Firefox で Goal.com を利用する
Android 版 Firefox で Goal.com を利用する

免責事項: Goal.com は FIFA の公式または公認製品ではありません。Firefox と Mozilla はいずれも今年ブラジルで行われるワールドカップとは一切提携関係はなく、スポンサーでもありません。

サステナブル・シーフード・ウィークのスペシャルアドオンと新江ノ島水族館でのワークショップ

限りある水産資源が持続可能になるよう呼びかける「サステナブル・シーフード・ウィーク」というキャンペーンが 6 月 5 日 ~ 15 日の期間、日本で初めて開催されます。

WWF ジャパンMSC (海洋管理協議会) 日本事務所が中心になって実施するこのキャンペーンに Mozilla Japan が協力することになりました。

スペシャルアドオン配布

6 月 5 日より、サステナブル・シーフードウィークのスペシャルアドオンが Mozilla のアドオンサイトで配布されます。

Sustainable-seafood スペシャルアドオン

このアドオン(拡張機能) をインストールすると、ブラウザのウインドウデザインや新規タブの背景が、豊かな海の風景で飾られます。画像は、曜日ごとにローテーションするので、毎日、日替わりで美しい海の風景を楽しむことができます。

SSW-addon-newtab.pngSSW-addon-newtab2.png

ぜひ Firefox でこのアドオンを使って、こうした美しい景色や水産資源をがいつまでも続いていくことの必要性を感じていただければと思います。

MozBus ワークショップ

※ 6/6 23:00 追記: 6/7 (土) 開催の以下のワークショップは、悪天候のため開催中止となりました。

6 月 7 日 (土) 、江ノ島で開催されるワールドオーシャンズデー 2014 の会場に、Mozilla のワークショップバス MozBus (モズバス) が出動します。

当日は、Web テクノロジーをベースに開発された Parapara Animation というワークショップツールを使った「キミの描いたお魚をスクリーンの海に泳がせよう!」という企画をお届けする予定です。

スマートフォンやタブレット端末に手書きした自分の絵が、アニメーションとなって会場内のスクリーンに動き出すというこのワークショップは、大人からお子様まで、みんなが描いたお魚の絵で Web上にひとつの作品を作り、海の資源の大切さを感じよう!というプログラムです。ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください!

screenshot3.png「キミの描いたお魚をスクリーンの海に泳がせよう!」ワークショップ
  • 日時: 2014 年 6 月 7 日 (土) 10:00 - 17:00
  • 会場: 新江ノ島水族館「湘南お祭り広場」 (神奈川県)
  • 参加費: 無料
ワールドオーシャンズデイ2014@湘南のオーシャン・ワークショップの中で実施します。

今回はオンラインで参加できるツール (アドオン開発) とオフラインで参加できるツール (ワークショップ提供) の部分でご協力をさせていただきましたが、Web の環境保全をミッションに活動する非営利組織 Mozilla と、自然や海の環境や水産資源の保全を推進する皆さんとのこうしたコラボレーションを通し、お互いに新しい気付きや刺激が生まれることを期待しています。

Lightbeam for Firefox: プライバシーに関するユーザの認識を高め、パブリッシャーにオープンデータを提供

オンラインのデータ追跡にスポットライトを当て、人々を取り巻く Web についての理解を促すこと。それを目指して Mozilla は 1 年前に、 Collusion という Firefox 向けの実験的なアドオンの開発を始め、高く評価されました。そして今、その完成度をさらに高めようとしています。

米国政府による監視をめぐって驚くべき事実が次々と明らかになり、世界の人々の注目を集めていますが、ユーザにとって重要な分野となるのがオンラインでのデータ収集です。そこには、透明性というこの分野特有の複雑だが重要な課題があります。そして現在、広告からソーシャル共有、パーソナライゼーションに至るまで私たちのオンライン体験の大部分を形成しているのは、さまざまなサードパーティ企業です。今日、サードパーティ企業はインターネットが機能する仕組みの不可欠な一部となっています。しかし、これらの企業がもたらす価値を理解せず、彼らが収集したデータについて知ることができなければ、その結果は全ての人にとって好ましいものとはならないでしょう。

Mozilla は、10 月 25 日から 27 日までロンドンで開催された Mozilla Festival 2013 にて、 Collusion の後継として「Lightbeam for Firefox」と改名したアドオンの提供開始を発表しました。

lightbeam_logo-wordmark_800x250-252x78.png

Lightbeam は Firefox 向けのアドオンで、日々 Web 上でやり取りするさまざまな当事者とサードパーティのつながりを明らかにします。Lightbeam for Firefox の開発は、フォード財団Natural Sciences and Engineering Research Council (NSERC) からの助成金と、エミリー・カー美術大学の教授陣および学生の支援を受けて行われています。

Lightbeam for Firefox の機能:

  • Web の可視化: Lightbeam アドオンをダウンロードして Firefox にインストールすると、ユーザがアクセスする Web サイトと、そのページでそのときにアクティブなすべてのサードパーティの可視化が開始されます。

  • ユーザの接続状況の分析: ユーザの可視化が進むと、ユーザのデータに格納されているさまざまな当事者サイトとサードパーティのサイトとの関係がより詳しく分かるようになります。データのリセットや保存も可能です。

  • オープンデータの提供: Lightbeam-AMOScreenshot1_anon-252x157.jpgLightbeam の機能の一環として、Mozilla は Web 上での追跡の状況や当事者サイトとサードパーティのサイトとがどのようにつながっているかを示す全体像を作成しています。Mozilla のこの活動を支援するため、皆さんから Lightbeam データベースへのデータの提供をお待ちしています。「Wizard of Oz moment for the Web (オズが Web に魔法をかける瞬間)」と呼ばれるサイトでは、Lightbeam for Firefox のユーザが、Web 内部の仕組みを明らかにして誰でも見られる方法を提供しています。

  • パブリッシャーのサポート: Lightbeam for Firefox の開発において、Mozilla はいくつかの主要なオンラインパブリッシャーにクラウドデータの分析に関しての協力を得ています。ただし、まだこれは途中段階であり、オープンデータセットについては十分な分析が必要です。Mozilla はさらなる洞察をふまえて、パブリッシャーが彼らのサイト上でサードパーティ企業とのやりとりをする上での利便性を得るための手法を、継続して研究していきます。

Mozilla は誰もが自分の個人データとプライバシーを自分で管理できるようにすべきだと考えており、ユーザが自分の Web 体験について十分な情報に基づいて意思決定できるようにしたいと考えています。Mozilla は Lightbeam for Firefox アドオンとオープンデータによって、コミュニティが調査を行うための貴重なプラットフォームを提供しようとしています。それが追跡とプライバシー保護についての認識を高め、分析を促進して、最終的にはその分野に変化をもたらすことになります。

Lightbeam for Firefox はまだ開発の初期段階であり、アドオンとしてはやっと 2 番目のリリースが提供されたところです。 すべてのコードは Github に投稿され、Mozilla コミュニティがそれを使用して開発、拡張、改善を行うことができます。Lightbeam は既にダウンロードしご利用いただけます。

[これは米国 Mozilla のブログ記事 Lightbeam for Firefox: Privacy Education for Users & Open Data for Publishers の抄訳です。文中リンク先は一部英語となりますのでご了承ください。]

以前の記事