Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします

アーカイブ - キャンペーン

ゼロレーティングに立ち向かうアイディアコンテストを開催します

Mozilla 会長の Mitchell Baker は昨年、自身の ブログ で、特定のアプリやコンテンツの利用時にデータ通信量が無料になる仕組み「ゼロレーティング」に対し、インターネット上のデータを全て同じように扱う「イコールレーティング」という考え方を提唱しました。

これは、「インターネットは、全ての人に開かれた公共の資源であり続けなければならない」という Mozilla の根幹となる考え方に対して、大きな資本を持つ大企業だけがゼロレーティングの仕組みを使って消費者を囲い込むことで、小さなベンチャー企業が市場に参入することが困難になりかねないこと。そして、この仕組みでは、インターネットのほんの一部分にしか参加する事ができないことを懸念するものです。

Mozilla では、こうした考え方を実現するため、"Equal Rating Innovation Challenge" というアイディアコンテストを実施します。イコールレーティングの考えを具現化できるアイディアを世界中から募集し、実現の可能性があるプランには、賞金とメンタープログラムでビジネス化を支援します。日本からももちろん応募可能ですので、ぜひご参加下さい!

[以下は、米国 Mozilla Blog の記事 "Bringing the Power of the Internet to the Next Billion and Beyond" の抄訳です]

次の 10 億人がインターネットに参加するために


入賞者には合計 25 万ドルの賞金とエキスパートによるメンタリングを提供。すべての人がインターネットに参加するためのアイデアコンテスト「Equal Rating Innovation Challenge」を Mozilla が主催します。

性別や収入、住んでいる地域に関わらずすべての人が平等に参加可能になってこそ、インターネットはその力を最大限まで発揮できると Mozilla は考えています。しかしデジタル・デバイドは現在も根強く存在しています。World Economic Forum の調査によればいまだ 40 億人もの人 がインターネットへアクセスできていません。これは、世界人口の 55% 以上にも値する数値です。貧困や過疎に悩む一部地域では、必要な設備が整っていません。高速の有線あるいは無線インターネットを利用できる過疎地域は全体の約 30% にとどまります。一方で、自分の言語でのコンテンツが無いという理由からインターネットを利用しないという人もいます。また World Wide Web Foundation のアンケート調査によると、女性のインターネット利用率は全体の 37% で、男性の 59% を大きく下回っています 。

しかし、ただインターネットへのアクセスを提供すれば問題が解決するわけでもありません。選抜された一部コンテンツしか提供できなかったり、一部プロバイダによる囲い込み (Walled Garden) が起きたりしていては、インターネットのプラットフォームとしての強みを支える、誰もが参加できる民主性が失われてしまいます。 2015 年には Mitchell Baker が彼女のブログで「イコールレーティング」という概念を提唱しています 。以来、 Mozilla は USヨーロッパ 、そして インド にて、 ネットニュートラリティ (ネットワーク中立性) を推進する政策形成に関わってきました。本日、 Mozilla の Open Innovation Team は実践的で行動ベースの新たな試みを始めたいと思っています。

こうした想いから、 Equal Rating Innovation Challenge をグローバル規模で始動させます。このチャレンジは次の 10 億人をインターネットに参加させるイノベーションを醸成するためのものです。新たな層へインターネットへのアクセスを提供するためのクリエイティブな解決策を発見することが目的です。ここで言う解決策とは、コンシューマ用のプロダクトやモバイルサービス、新規ビジネスモデルやインフラ整備のアイデアなど、幅広く含みます。優秀なプランには、その実現に向けて Mozilla より合計 25 万 US ドルの資金と、エキスパートによるメンタリングが提供されます。

equalratingchallenge-logo-600x332.jpg

グローバルなデジタルリテラシーを醸成し、オープンなインターネット上で多様なコンテンツへのフルアクセスをすべての人の手に届ける 創造性に富んだで拡張性の高いアイデア を、世界中の起業家、デザイナー、研究家、そしてイノベーターの皆さんから募集しています。特に、当該地域に関する知識や情報に基づいたアイデアを歓迎します。私たちの目標は、世界中からの応募を受け入れることです。

今回授与される 250,000 米ドルの賞金は、以下の 3 つのカテゴリの入賞者で分配されます。

  • Best Overall (主要指標は拡張性の高さ)
  • Best Overall Runner-up (2 位入賞)
  • Most Novel Solution (実験的でありながらも実現可能性の高い案に授与)

授与される賞金はコンシューマー向けのプロダクトを市場にリリースするのに充分な額、あるいはインフラ整備のアイデアに関しては、さらなる資金を調達するまでの期間をサポートできる額となるでしょう。

2016 年 11 月 1 日に募集開始し、2017 年 1 月 6 日に応募を締め切ります。応募のあった案はすべて外部の専門家集団によって 1 月中旬までに精査されます。選考を通ったセミファイナリストは 3 月上旬のデモンストレーションに向けてプロジェクトのメンタリングを受けることができます。入賞者は 2017 年 3 月末に発表されます。

banner-submission.png

チャレンジ開催と同時に、www.equalrating.com というサイトも公開しました。ここでは Equal Rating Innovation Challenge に関する背景情報や教材が提供されています。 イコールレーティングを理解するために便利な 3 つのキー・フレームワーク について学ぶことができます。また、この問題に関する様々な統計情報も見ることができるので、インターネットの普及率が男女参画、教育、経済の他、さまざまな社会事象へ与える影響について知ることができます。 レポート のセクションでは、現在飛び交っている議論の各スタンスについて知ることができます。今後数週間に渡って、チャレンジの詳細について知ることができる Web セミナー (Webinar) のシリーズも公開していく予定です。これらの Webinar が、さらなる議論や Q&A のきっかけになることを期待しています。すべての人にインターネットへのアクセスを提供することは、私たちの時代の最大のチャレンジのひとつでもあります。これは、決して単一の組織の力によって解決できることではありません。ぜひ、周りの人にもこのチャレンジについて知らせてください。そして、革新的で拡張性のある アイデアを提出 し、次の 10 億人 (そしてそれ以降も) にインターネットへのアクセスを提供しましょう。この壮大なチャレンジに、Mozilla と一緒に挑戦しましょう。

Maker Party 2016 : より良いインターネットのため立ち上がりましょう

今年も Mozilla の Maker Party が 10 月 11 日から 1 ケ月間の予定で開催されています。誰もが自由に利用できるコンテンツを増やし、ウェブから新しい文化やイノベーションが生まれるよう、写真やイラストなどコンテンツをみんなで Make し、ウェブ上に公開しましょう!

Maker Party に参加するもっとも簡単な方法は、自分で撮影した写真や自分の作品を、公共の財産として誰でも無条件で利用できる「パブリックドメイン」にして、世界中の人々に自由に使ってもらえるよう公開することです。自分の作品をパブリックドメインとして公開するには、Flicker 等の CC0 ライセンスを設定できるサービスを使うか、ご自身のウェブページでパブリックドメインとして公開してください。そして、ぜひ #cczero タグを付けて SNS で共有してください。

今年の Maker Party のテーマは、EU の著作権法の改正です。EU では現在、著作権法の改正が議論されています。この議論の中には、有名な建物が写った写真や、背景に著作物が映り込んだ映像や合法の範囲内の二次創作が違反と見なされ、自動削除されるといった懸念が上がっており、EU に限らずウェブやインターネットの在り方や文化に影響を与える項目も含まれています。

[ 詳しくは、米国 Mozilla Blog の記事 "Maker Party 2016 : Stand Up for a Better Internet" でご紹介していますので、以下の抄訳をご覧下さい。]

----------------------------------------------------------------------------------------------------

オンラインで創造活動する人を応援する毎年恒例の Mozilla Maker Party ですが、今年は時代遅れになってしまった EU の著作権法に立ち向かいます。記事本文を読んで、参加方法についてご確認ください。

今年も Maker Party の時期がやってきました。

Mozilla では毎年、オンラインでの学びと Making を応援するグローバルイベントを開催しています。世界中の誰もが参加できるイベントです。Maker Party では、アーティストが教育者と、活動家がプログラマーと、起業家が Maker と、さまざまな出会いが生まれます。例年通りの向上心を持って集結すると同時に、今年の Maker Party にはひとつのミッションがあります。それは、 EU の著作権法に挑むことです。現在の EU 著作権法は、オンラインでの学習や制作に支障をきたすものとなっています。この法律が課す制約は、ヨーロッパ全体のクリエイティビティやイマジネーション、表現の自由をを削いでしまいます。この件については Mozilla の Denelle Dixon-Thayer によるこちらの ブログ記事 で詳しく読むことができます。

より多くの人に知ってもらい、行動を促すことによって、 EU の著作権法を 21 世紀により適したかたちにアップデートすることができるでしょう。

ここ数ヶ月間にわたって、たくさんのインターネットユーザーが Mozilla が制作した映像を視聴し、請願書に署名を連ねました。そして今回は、皆さんがお住いの地域での Maker Party で使える、著作権法について学ぶためのさまざまなアクティビティについてご案内します。

Maker Party は 10 月 11 日より開始します。以下のアクティビティを行って、ぜひ参加してください。

#cczero ヒーローになろう

各地で開催・参加可能な各種ライブイベントに加え、世界中のデジタルコミュニティが参加できる方法も用意しました。

世界各地の Mozillian がひとつになれるように、"contribute-a-thon" を開催し、 パブリックドメインの画像数を増やします。この運動によって、オープンなインターネットが成し遂げられることを世界に見せつけましょう。この運動は「パブリックドメインはインターネットの繁栄を後押しする」というメッセージと共に行います。

#cczero ヒーローのイベントページを見て、参加方法をご確認ください。投稿する画像は、自身が著作権を所有している必要があります。楽しい画像、シリアスな画像、アーティスティックな画像など、どんな画像でも構いません。詳細と参加はこちら

Public Domain や Creative Commons に画像を貢献する方法については、こちら をご覧ください。

02_makerparty.jpg

Post Crimes

EU の時代遅れな著作権法がどんなものであるかを体験できるアプリを制作しました。例えば、公共のランドマークの写真を投稿することは、違法行為になる可能性があります。 Post Crimes の ウェブアプリで遊んで、エッフェル塔の夜間ライトアップディスプレイやデンマークの人魚姫の像とセルフィーを撮りましょう。

撮影したセルフィー画像はポストカードにして Member of the European Parliament (欧州議会議員) に送ってみましょう。 ヨーロッパの政策立案者に現在の著作権法がどれだけ時代遅れであるかを見てもらい、改正を促しましょう。詳細と参加方法はこちら

Meme School

驚くべきことかもしれませんが、EU の一部では meme (ミーム) を作ることは違法行為にあたります。なぜならば 現在の EU の著作権指令は、パロディーや引用を著作権侵害の例外として明示的に含めていないからです。

Mozilla と一緒に立ち上がって、ミームがもたらすクリエイティビティやウィット、さまざまな表現の自由を一緒に守りましょう。この Maker Party のアクティビティでは、友達と一緒に著作権法の複雑さについて話し合うことができます。 詳細と参加方法はこちら

jerT0QlBSxplJIEuYs9hcvVzN45cKvQoeyKzsEsArbRFcknsfSW720mXzCthTgb7gQ-pHoj5QZSHsfcw1339-h575.jpg

今年の Maker Party ではどんなものが作られるか、私たちも楽しみにしています。Maker Party に参加することは、 EU の著作権法の改正に立ち向かうことでもあります。 そしてそれは、インターネット上のイノベーションとクリエイティビティ、そしてたくさんの機会のために立ち上がることでもあります。

暗号化と Apple をめぐって話を続けよう: Mozilla が新しい動画を公開

[ この記事は、米国 The Mozilla Blog で公開された記事 "Continuing the Conversation About Encryption and Apple: A New Video From Mozilla" の抄訳です ]

先週、暗号化をめぐるこの話題は最高潮に達しました。世界中で暗号化、Apple、FBI という言葉が見出しに躍り、家庭でもテレビでもインターネット上のあらゆるコメント欄でも、セキュリティとプライバシーについて活発な議論が行われています。

米国政府が Apple に対して同社独自のセキュリティ保護を迂回できるようにすることを求めたのは、行き過ぎであると Mozilla は考えています。Apple にこのようなことを要求すれば、やがて消費者のセキュリティを脅かす危険な前例を作ることになりかねません。しかし、こうした議論は暗号化についてさらに広く一般の人たちに理解してもらうための好機でもあります。人々が自分の日常生活の中で暗号化が果たす役割を理解すれば、脅威が表面化した時に私たち皆で暗号化を守るために立ち上がることができます。インターネット全体の健全性に関わるこの重要な問題が、大きく取り上げられるようになるのです。

今月 (Apple の一件が報道されるほんの数日前)、Mozilla は暗号化について一般の人たちに知ってもらうためのキャンペーンを始めました。新たに浮上した妥協を許さない論戦と並行する形で続けることになったこのキャンペーンに、私たちは意欲的に取り組みたいと考えています。

本日、Mozilla はこのキャンペーンの 2 つ目の動画を公開しました。これは、暗号化をかわいらしいキャラクターとしてアニメーション化し、このキャラクターがどのように機能し、なぜ重要なのかを説明する短い動画です。

ぜひこの動画を友だちや家族と共有し、この一週間で表面化してきた問題について話し合ってみてください。安全でオープンなインターネットに対して草の根的な支援を確立することは、非常に重要です。その取り組みが効果的であることは実証済みです。インターネットの中立性を支えてきたのは、家庭での話し合いや日常的なインターネットユーザの支持でした。それが、現在のオープンなインターネットに関する活動のパワーになっているのです。今こそ、もう一度そうした取り組みをすべき時です。暗号化についての理解を広め、暗号化の安全を維持するためにご協力をお願いいたします。

参考情報

暗号化の重要性を広める活動にご協力ください

[ この記事は、米国 The Mozilla Blog に掲載された "Help Us Spread the Word: Encryption Matters" の抄訳です ]

今日、インターネットは地球上でもっとも重要な公共のリソースになりつつあります。インターネットは、オープンで、無料で、毎日の生活に欠かせません。私達は日々、インターネット上でコミュニケーションをとり、振り込みをし、買いものをします。またインターネットは、私たちがつくり、学び、そして組織を形成する場所でもあります。

これらのインターネットの可能性は、いくつかのコアとなる原則から成り立っています。それは、例えば「インターネット上での個人のセキュリティとプライバシーは基本である」という考えがその一つです。

Mozilla の使命は、こうした原則を推し進め、インターネットがグローバルな公共リソースであり続けるようにすることです。そのためにも、インターネットを脅かす危険性には常に敏感でなければなりません。そして、最近その脅威の一つの危険性が日に日に増しています。「暗号化」に対する間違った認識の広まりです。

暗号化は、インターネットが健全であり続けるためには不可欠です。暗号化とは、メッセージの送信者と宛先となる受信者のみが解読できるように、情報を暗号にして送ることです。私たちは日々、知らず知らずのうちに暗号化の恩恵にあずかっています。メールのやり取りやサーチエンジンでの検索、医療情報など、人には知られたくない情報の漏えいを防いだり、ジャーナリストや人権運動の活動家、内部告発者等の身の安全を守ったりするのも、情報の暗号化です。

暗号化は、決して「ぜいたく」ではありません。むしろ、生きていく上での必需品の一つです。Mozilla では、つねに暗号化を重要視してきました。私たちのミッションは、インターネットがオープンで誰にでもアクセス可能な公共リソースであり続けることを保証することだからです。

今や世界各地で、暗号化の安全性を低減しユーザの安全を脅かすような政策が、政府機関や法執行機関によって提案されています。彼らの言い分は決まって「強力な暗号化は悪者によって利用される」といった内容です。本来、強力な暗号化はインターネットを利用する人全員にとって必要不可欠なものであるはずです。政府機関の懸念は理解できますが、暗号化の効力を弱めることは、( 特に暗号化を通過できるような「バックドア」を設けることは) 結果的に、インターネットのユーザ全員を危険にさらすことになることを理解して欲しいのです。

Mozilla では、今後も引き続き暗号化の認知向上に向けた努力を続けていきます。無料で自動の SSL 証明書を発行する機関 Let's Encrypt はその努力の一部であり、これによって誰でも簡単に自分のサイトの通信を暗号化することができます。これは Electronic Frontier Foundation 、 Cisco 、 Akamai などを含む、様々な技術パートナーとの協力のもとで実現したサービスであり、Mozilla はこうして技術を味方につけ、人々のが安全にインターネットを利用できるように努力をしています。

しかし、様々な国の政府機関で「バックドア」のような戦略が提案されてくるにつれて、技術だけでは安全の確保が難しくなってきます。そのため、 Mozilla のコミュニティや一般の方々の協力が必要になってくるのです。 こうした仲間たちに、個人のプライバシーと安全は決して任意のものでないことを、私達から選ばれた議員の方々に伝えてもらう必要があるのです。このメッセージがより広まれば、 Mozilla は重要な役割を果たすことができます。

これは、険しい道のりとなることでしょう。ほとんどの人は、暗号化とは何かすら理解できていません。自分のオンラインプライバシーは、自分でどうにかできるものではないと諦めをつけている人さえいます。あるいはその両方かもしれません。

こうした経緯から Mozilla では、私たちのグローバルなコミュニティの協力を得ながら、新しい啓発キャンペーンを開始します。向こう数週間にわたって、 Mozilla では暗号化の認知向上のための動画やブログ投稿、インタラクティブなコンテンツなどを発信していきます。そして本日、その第一弾となる動画を配信いたします。なぜ自分の個人情報を自分で管理しないといけないのか、見ていただけるとわかると思います。この動画をきっかけに、家族や友達とも、プライバシーやインターネット上の安全について、話し合ってみてください。

インターネットを利用する数百万のユーザが暗号化の基本や私たち一人ひとりとのつながりについて、きちんと理解していれば、必要な時が来た時に、きちんと自分のプライバシーと安全を守るために立ち上がることができるでしょう。この必要な時とは、各国において、じき訪れることでしょう。 Mozilla がこれから配信する動画を視聴、共有、そしてそれについて議論するだけで力になることができます。

Mozilla の暗号化キャンペーンについてご関心をお持ちの方は、mzl.la/encrypt をご覧ください。暗号化の普及に向けてのご協力をお待ちしています。

MozBus をみつけて写真をとろう!

昨日ついにリリースされた iOS 版 Firefox。このリリースを記念して、明日 11 月 14 日 (土) と 15 日 (日) に "MozBus" が都内を走ります。

MozBus

Twitter の @mozillajp をフォローしていただいたうえで、都内を走る MozBus の写真に #MozBus タグと iOS 版 Firefox へのコメントをつけてシェアしていただいた方の中から抽選で 5 名の方へ、フォクすけのぬいぐるみを差し上げます!偶然 (?!) MozBus に遭遇した方は、一緒に iOS 版のリリースをお祝いしていただければと思います!

00-orig.jpg

バスの運行ルートなどは、以下を予定しています。

11 月 14 日 (土)

  • バスの運行ルート:渋谷、表参道、六本木、銀座、秋葉原
  • 運行時間:10:00 ごろから 18:00 ごろまで

11 月 15 日 (日)

  • バスの運行ルート:渋谷、原宿、表参道
  • 運行時間:10:00 ごろから 14:00 ごろまで
  • 写真のシェア先: Twitter
  • ハッシュタグ: #MozBus

東京近郊の方のみ参加できるイベントなりますが、バスを見かけた方はぜひご参加ください!

以前の記事