Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします

アーカイブ - コミュニティ

「ブラウザー技術の組み込み」について語る会

Mozilla Japan では、7 月 27 日 (水) に、「ブラウザー技術の組み込み」に関するミートアップイベントを開催します。このイベントでは、ブラウザー技術を製品に組み込むことに興味のある個人や企業の方に集まっていただき、情報交換を行うことを目的にしています。

SoC ベンダーや、組み込みベンダーが多い日本では、既にコミュニティレベルで、Firefox (Gecko) を組み込みボードに移植する活動なども始まっており、今回、教育機関や企業、個人問わず、こうしたトピックに関心を持つ皆さんがクロスで集まれる場を設けようということになりました。

今回は、この時期に来日を予定している Mozilla Corporation の Connected Device 担当者にもイベントに参加してもらい、皆さんとの意見交換を行う予定です。

カジュアルなコミュニティミートアップイベントですので、組み込み技術に携わっているエンジニアの方はもちろん、技術者以外で個人で興味があるという方もぜひお気軽にご参加ください。

(なお、当日は、Mozilla Japan スタッフが逐次通訳を務める予定です)

  • 日時 : 2016 年 7 月 27 日 (水) 18:30 ~ 20:30
  • 場所 : Mozilla Japan オフィス (東京都港区六本木 7-5-6)
  • 参加費 : 無料
  • 定員 : 20 名
  • お申込方法 : Doorkeeper ページ にてお申込を受け付けます

A roundtable community meeting for Data Privacy Day

As Mozilla Japan, we conducted an online survey asking about people's awareness on online privacy. The results are in, and they are public as of today. In addition to this, we held a roundtable meeting with the Mozilla community on privacy awareness on January 24, 2016 at the Mozilla Japan Office.

We'll report on the community meeting below.

There was a wide variety of people at the meeting: they ranged from familiar faces of the Mozilla Japan community, the Firefox student marketing team, media reporters, and others who are interested in privacy issues including a mother, a middle school student, and some researchers. Based on the survey results, these 17 people got together to discuss their concerns on privacy, and also did a brainstorming session to think up of ways we can raise privacy awareness in Japan. Thanks to the mix of people, we ended up with lots of great ideas.

IMG_0228s.jpg

Survey on online privacy awareness

The meeting started off with Mozilla Japan evangelist Tomoya Asai sharing insights on online privacy and Mozilla's efforts to raise its awareness.

A discussion on the survey results followed. The online survey was conducted by a third party research firm targeting 1236 men and women in age groups "teens" up to "60 and above." With a copy of the survey results (link below) in each participants' hands, we pointed out some parts of the data that we found interesting.

Everyday privacy v. online privacy

While for "everyday privacy" 72.3% of respondents said they are either "very much" or "somewhat" concerned, the same answers combined when the question was narrowed to just online privacy was 77.6%. Though concerns are somewhat high in both cases, people were concerned about their privacy more online than offline. When just the numbers for "very much" concerned people are looked at, there was almost an 8% difference.

We had some insights about this from the roundtable. According to one of the participants, "with so many issues about money, viruses, bullying, and annoying ads online, I think people are more defensive about themselves online." A researcher studying privacy added on: "my past studies showed similar results: Japanese people are characteristic compared to other countries in that they have a generally high awareness about their privacy, but they don't take any actual actions to protect it."

Areas of high awareness

The survey asked about their privacy measures in different situations. Among the questions, when asked about their privacy measures when entering financial information or if they use virus protection or not, nearly 60% of respondents answered either they are confident about their privacy measures, or they care about their privacy measures and they take some kind of measures.On the other hand, there were questions that gained a rather high number of "I don't care" or "I don't know" answers: 23.0% for privacy settings for social networking services, 20.7% for sharing a tablet or PC device with family and others, 16.5% for when installing Apps and signing up for new online services.Based on these results, some participants inferred that "items that raise security issues have a high level of awareness" and "items with a low level of awareness are those that are difficult to intuitively imagine its harms."

People don't want to be tracked, but don't know what to do

The survey asked if the respondents knew about the private browsing feature on their browsers (not limited to Firefox) where users can browse the Internet without saving any history. The result: only 23.1% said they knew about the feature. However, out of these people, 68.5 % said they actually use the feature. From this data, one of the participants concluded that "if more people find out about private browsing, then more people might start using it"

The survey also asked if respondents knew about online tracking done by many online services. 33.9% of all respondents said they knew about tracking, and out of these people, only 22.2% said they have used a "tracking protection" feature before. Participants of the roundtable discussion commented: "many people probably know that they are being tracked from the fact that ads that are related to your search history appear on a completely different site" "most people probably don't know about the tracking protection feature yet."

Differences among age groups and data types

Other comments included a note on the age groups of the respondents. Participants wondered if there were any prominent differences that were observed among age groups. One of the Mozilla Japan Staff conducted a cross tabulation on the spot to answer the question: "I did some cross tabulations, and though some differences were seen - for instance, those who have children have a high awareness - but as a whole, there weren't any significant differences among age groups."

There was also a discussion about location information: "women typically worry when using location services" "as a high school student, I think about my location information for a moment before I post when I'm close to my home."

Ideas on raising online privacy awareness

Based on these discussions, the participants engaged in a brainstorming session to discuss ways to teach and make more people aware about their online privacy. The participants, along with Mozilla Japan staff, broke up into small groups each with a good age and gender mix. After the session, each group took turns presenting their plans.

23967144643_a2d45a94d3_o_s.jpg24485560892_48db8dfe18_o_s.jpg

First step: help people better understand online tracking

The first group's ideas were centered around the belief that they should first help people better understand online tracking. Their plans are as follows:Most people don't know how they are being tracked, nor how to know when they are being tracked. Therefore, many are intuitively feeling creepy about tracking without deep comprehension. Many people also say that if it is by a trusted group and it brings them manifest benefits, then tracking is okay. For the users be able to determine for themselves who can track them and who can't, they would need to understand tracking better. Their plan was to do this campaigning together with trusted companies who use tracking to provide good services.

Many of us don't really know what happens when our privacy is infringed

The second group's idea was to teach high school students about privacy so that they can teach their family and friends about measures they can take.Since much of the online population in danger is enjoying the web through smartphones, their idea was to create an app or website that teaches how to edit privacy settings on browsers, and provide them with a list of checkpoints such as tracking and location information that they can go through and check. Their plan was to raise media literacy of people through the site.

Providing people with actual actions they can take

Group 3 focused on spreading actual know-hows of privacy protection, rather than scaring people with the dangers of online tracking.

Many of us are aware that online privacy has potential dangers such as having location information paired with pictures and having our online actions integrated into a personal profile. What we need to do now is to show specific dangers of online privacy along with actions that we can take to prevent those dangers. Their plan was to share this information via social networking services or make it into a booklet that can be handed out to people.

Letting people experience the danger of online privacy

The last of the groups put their focus on the entering population of Internet users: mainly elementary and middle school-aged children. They gave the idea of holding workshops that they can join with their parents. Their idea was to have the participants use their smartphones to enter their personal information into a fake registration site, and then show them how much the site can understand about them based on the information. Through this demo, the participants will be able to get first-hand experience on the dangers of an information leakage. Their plan also included an idea to use the feedback from these workshops to create online contents such as videos and apps that can be viewed on devices such as the Nintendo 3DS.


Japan has a longer history of diffused online services than the rest of the world, with the development of a large cell phone ecosystem before the smartphone. Along with this, there has been many incidents regarding online security issues. From these characteristics, Japan can be said a country with a rather high level of security awareness.

However, even among those with a high level of awareness, comprehension levels on privacy were not so high. Even within the community members who met for the roundtable talk, some of them couldn't describe tracking anything more than "creepy."Mozilla's vision is to create a world where the users have choice and control over their own online privacy. To make this a reality, we must first raise the level of people's understanding.

Though the survey only targeted Japanese citizens, we are highly interested in results from other country as a comparison. We hope Data Privacy Day becomes a first step for many to understand and control their own online privacy.

23965972594_b7c8cec7de_o_s.jpg

The Japanese Mozilla community will continue our efforts to raise online privacy awareness even after Data Privacy Day. If you are interested in our efforts, please feel free to join our Google Group.

PS: Also, an event report by Firefox student marketing team member is available on their blog. Please visit their report.

データプライバシーデーに向けて、プライバシー意識調査と、データプライバシーについて考えるミーティングを行いました

皆さん、オンライン上でのプライバシーにどのくらい興味がありますか。Firefox や Mozilla の活動に興味をお持ちの方々は、プライバシーについて、比較的高い関心をお持ちではないかと思います。では、データプライバシーデーについては、ご存知でしょうか。

日本では、あまり知名度が高くありませんが、毎年 1 月 28 日は、データプライバシーデー (Data Privacy Day) だそうです。「データの守秘と保護に関する意識の向上と議論の喚起のための取り組み」として、米国・カナダ、および欧州 27 カ国で行われています ( 参考:データプライバシーデー・ジャパン ) 。Mozilla でも、この日をきっかけにして、プライバシーへの関心を高めていく活動をしています。例えば、インドの Mozilla コミュニティの発案で、プライバシーに関する Tips を TwitterFacebook に日替わりで投稿するといったオンラインイベントが行われています。

日本では、オンラインプライバシーに関するアンケート調査を行い、その調査結果を本日発表しました。さらに、2016 年 1 月 24 日に、Mozilla Japan オフィスにて、プライバシーに関するコミュニティミーティングを開催し、オンラインプライバシーの意識とリテラシー向上に向けて取り組むグループの立ち上げを行いました。

* Mozilla データプライバシーコミュニティ Google Group

以下、コミュニティミーティングについて詳しくレポートします。

さて、ミーティングに参加してくれたのは、Mozilla コミュニティのメンバーや Firefox 学生マーケティングコミュニティに加えて、メディアや広告の関係者、プライバシーに関する研究者から主婦・中学生まで幅広い層のメンバーが集まりました。今回の調査結果を元に意見交換を行うと共に、プライバシーに関する知識を伝えたり、関心を高めたりするため、どのような取り組みを実施するとよいかというテーマで、アイデアソン形式でディスカッションしました。多様な参加者のおかげで、幅広い意見とアイデアが集まりました。

IMG_0228s.jpg

オンラインにおけるプライバシーに関するアンケート調査

最初に、Mozilla Japan の浅井智也が、ネットにおけるプライバシーと Mozilla の取り組みにについて、その概要を紹介しました

次に、アンケート調査の結果をどう見るかについて、参加者でディスカッションしました。このアンケート調査は、日本全国の10 代から 60 代以上までの男女を対象に、1,236 名の方に回答してもらいました。

普段の生活でのプライバシーとオンラインでのプライバシー

アンケートの結果では、「普段の生活の中で自身のプライバシー」については、「とても気にしている」「少し気にしている」という人の割合は 72.3% でした。そして、インターネットを使う時のプライバシーについては、「とても気にしている」「少し気にしている」という人の割合は、 77.6% でした。どちらの場合も、気にしている人がとても多いのですが、オンラインの方が少し割合が高くなりました。また、とても気にしているという人の割合は、普段よりオンラインのほうが 8 ポイントほど高くなりました。

実際に、ディスカッションでも、「お金やウイルス・いやがらせ・うっとうしい広告などを考えると、嫌なことから自分を守りたい意識が高い」のでは?というコメントや、プライバシーに関する研究者からは、「自分が過去に実施した別の調査でも、日本人は比較的プライバシーを気にかけているという結果が出ている反面、個人情報に対する意識はあるが実際の行動は追いついていない点が海外との差として出ていた」という意見が出されました。

プライバシー意識の高い領域は

各場面でのプライバシー意識とその対策では、金融情報の入力やウイルス対策については、「対策に自身がある」「対策している」を合わせて 60% 近い人たちが対策を行っていました。一方で、「気にしていない」「わからない」と回答した人が比較的多かったものは、「SNS のプライバシー設定」が 23.0%、「家族や他人との端末共有に対する対策」が 20.7%、「アプリのインストールやオンラインサービスへの登録する際のプライバシー対策」が16.5% となりました。

これに対して、参加者からは「意識が高い項目はセキュリティに関するもの」「それ以外の項目は、被害の内容が分かりにくい」といったコメントがありました。

行動追跡はされたくないが対策は知られていない

各ブラウザに履歴を保存しないプライベートモードについては、「知っている」が 23.1% でしたが、その中でプライベートモードを「利用したことがある」は 68.5% でした。このことから「プライベートモードについて認知が高くなれば、使う人も増えるのではないか」という意見が出ました。

一方で、多くの Web サービスが行っているオンライントラッキングについては、「知っている」が 33.9% でしたが、その中でトラッキング保護機能を「使ったことがある」は 22.2% となりました。これに関しては、「検索結果に応じて、他のサイトでも関連した広告が出ることから、追跡されていることは多くの人は気づいている」「トラッキング対策機能のことは、まだまだ知られていないのではないか」というコメントがありました。

世代よる違いと、データの種類による違い

この他に、「年齢や世代によって、プライバシー意識に違いがあるだろうか」という質問に対して「クロス集計を一部行ってみたが、例えば子供を持つ親は意識が高いといった結果は出ているが、全体として世代間で大きな違いは見られなかった」という説明がありました。

また、位置情報を利用するサービスについては、「女性は使いにくい」「高校生でも、投稿などするときに、自宅の近くの場合など状況に応じて一瞬考えてから投稿している」といったコメントがありました。

オンライン上でのプライバシー意識を高めるアイデアは

こういったディスカッションをふまえて、オンライン上でのプライバシーに関する知識を伝えたり、関心を高めたりするために、今後、Mozilla としてどのような取り組みを実施するとよいかというテーマで、アイデアソン形式でディスカッションを行いました。どのグループも、学生や大人・女性などが混ざっており、多様な視点を元にしてディスカッションが行われました。

23967144643_a2d45a94d3_o_s.jpg24485560892_48db8dfe18_o_s.jpg

まず必要なのは、トラッキングに対する理解を助けること

最初のグループから出たアイデアは、「トラッキングに対する理解を助けることが、まず必要ではないか」というものでした。

自分たちは、どのようにトラッキングされているのか、充分に理解していないし判断が難しい。ただ感覚的に気持ち悪いと感じている。しかし、信用できる相手から何らかのメリットが受けられるなら、トラッキングを受け入れても良いと考えている。それを判断するためには、トラッキングについての知識が必要になる。そして、こういった啓発活動はトラッキングをユーザ体験向上に活かすサービスを実際に提供している事業者と一緒に取り組むのがよい、というプランでした。

プライバシー被害について、実はよく知らない

2 番目のグループから出たのは、スマホやインターネットの使い方を親から教えてもらうのでなく親に教える側に変わる時期と言われる高校大学世代の人達に、パソコンよりもスマホを中心にして、プライバシーについての教え方を教えたいというアイデアでした。そうすれば、家族や友人に、より広くプライバシー対策を伝えることができるからです。

トラッキングや位置情報など自分が気にするプライバシー情報と実際に利用するサービスに応じて、アプリやサービスの設定やブラウザの機能をプライバシーチェックポイントとして伝えるのが良いというアイデアも出ました。人によって守りたいプライバシーも異なるが、それぞれ個人の選択に応じたプライバシーチェックポイントを学んだり教えたりしやすくすることで、メディアリテラシーを高めることができるというプランでした。

具体的な対策ノウハウを一般の人に広めよう

3 番目のグループからは、プライバシーの危険性よりも、具体的な対策ノウハウについて伝えるのがよい、というアイデアが出ました。

アカウントやオンライン活動がトラッキングによって自分の意思に反して統合されることは避けたい。写真に日時や撮影場所の情報が含まれていることなどは知っていても具体的な危険性や対策まで理解している人は多くない。だから、具体的にプライバシーの問題になり得る場面の例とそれに対する対策をセットにして SNS で発信したり、一般の人にも伝えられるよう紙の冊子を配布したりするのが効果的だ、というプランでした。

プライバシーの危険性を体感してもらう

最後のグループからは、ネットの入口に立っている人たち、これからインターネットを使っていく小学生や中学生をターゲットにして、親子のためのワークショップなどを開催してはどうかというアイデアが出ました。

通常の座学だけでなく、ワークショップ当日の来場時に、スマホを使って参加登録をしてもらい、その登録情報に基づいて、参加者のプライバシー情報を紐付けて見せるデモを行うことで、オンラインでのプライバシー漏えいの可能性を参加者に体感してもらった上で、学んでもらうというアイデアもありました。さらに、そういったワークショップからのフィードバックを元に、オンラインプライバシーの動画コンテンツや 3DS アプリなど、多様なコンテンツを提供していくとよい、というプランでした。


日本では、スマホ登場よりも早い段階で、携帯電話によるネットサービスが普及しました。セキュリティに関連した事故や犯罪に対するニュースなども増えてきています。そのために、ネット上でのセキュリティ意識は、それなりに高いものになってきているのではないかと思います。

一方で、今回のコミュニティミーティングに参加した、比較的意識が高いメンバーであっても、プライバシーとなると決して知識は豊富ではなく "トラッキングは、気持ち悪い感じがする" といった声が上がっていたのが印象的でした。

Mozilla ではインターネットの利用者が自らの意思でオンラインプライバシーをコントロールできることを目指していますが、まずはデータプライバシーについての正しい理解を深めることも大切だと感じました。

今回のアンケート調査では、日本国内を対象にしたものでしたが、世界各地と比較して、どのような違いがあるのか、大変に興味深いところです。このデータプライバシーデーやその後の活動により、より多くの人が自身のプライバシーとそのコントロールについて意識を高めてくれる良い機会になればと思います。

23965972594_b7c8cec7de_o_s.jpg

日本のMozilla コミュニティでは、今後もオンラインプライバシーに関する意識向上のための活動についての議論を続けていく予定です。こうした活動に関心がある方は、是非、こちらの Google Group にご参加ください。

追記: なお、今回、議論に参加してくれたFirefox 学生マーケティングチームも当日の様子をチームのブログでレポートしてくれましたので、よろしければこちらの記事もご覧ください。

参考情報:

Mozilla のパワー

2016 年新年によせて、Mozilla Corporation の Chief Legal and Business Officer である Denelle Dixon-Thayer が12月に投稿したブログ記事 "The Power of Mozilla" の抄訳をご紹介いたします。


今日は Mozilla のパワーについてお話ししたいと思います。Mozilla の活動はコンシューマー向け製品の提供にとどまりません。Mozilla にとって成功の判断基準となるのは、製品がユーザに受け入れられたかどうかということだけではなく、人々がオンライン生活をコントロールする権限を強化することができたか、Mozilla の Web 技術が Web に影響をもたらせたか、標準技術に貢献できたか、ユーザの皆さんが求める Web の保護のために、どんな活動ができたか、といったことも考慮しています。

Web 技術

Mozilla は以下のように Web のエコシステム全体にメリットをもたらす技術を開発しています。優れたオープン技術をすべてのブラウザがサポートしてこそ、Web にメリットがもたらされると Mozilla は考えています。

  • 私たちは、asm.js、WebAssembly、SIMD などの技術によって JavaScript の機能を拡張し、Web を支えるという Mozilla の重要な役割を行動で示してきました。すべての主要なブラウザベンダーが asm.js による最適化をサポートしており、WebAssembly もサポートする予定であることを発表しています。
  • Mozilla は Web 上で 3D グラフィックスを表示するための標準仕様である WebGL を開発し、現在は WebGL2 の開発に取り組んでいます。WebGL2 には数々の改良や機能が追加される予定であり、開発者は Web 上で目を見張るようなビジュアルを作成できるようになります。世界で最も優れたゲームエンジンの 1 つである Unity は今週、WebGL を正式なサポート対象のプラットフォームとして採用しました。Mozilla が開発した asm.js の導入が広がっている状況について、詳細はこちらをご覧ください。
  • Mozilla は、Web 上でリアルタイムのコミュニケーションを可能にする WebRTC 仕様の策定に重要な役割を果しました。WebRTC ではデフォルトでセキュリティが確保され、無料でオープンな実装が可能であるという事実は、Mozilla が及ぼした影響をよく示しています。
  • Mozilla は Cisco と共同で OpenH264 を開発しました。これにより、世界で最も広く利用されている (ただし特許取得済みであった) ビデオコーデックを、オープンソースプロジェクトにおいて無料で使用できるようになりました。現在私たちは、完全に無料の次世代ビデオコーデックである Daala の開発を進めており、これを標準仕様にすべく、IETF に提出しました。
  • Web の将来には優れたパフォーマンスとセキュリティが必要であることを Mozilla は理解しており、Rust という新しい言語の開発を進めています。Rust は安全で並列性に優れた言語であり、C++ で書かれた既存のブラウザを悩ませてきた多くのセキュリティ問題から解放されます。Mozilla はこの言語を使用して、Servo という次世代のレンダリングエンジンも試作しています。
  • より多くの人々がバーチャルリアリティのコンテンツをもっと簡単に作成できるようにするため、Mozilla は A-Frame を構築しました。これは「VR Web 向けビルディングブロック」のライブラリです。これを使用すると、開発者は WebGL の知識がなくてもシンプルなマークアップによって応答性に優れた VR 体験を作成できます。私たちは、A-Frame を本年末までに公開できることを大変うれしく思っています。(参考: 12/16 公開済み)

Mozilla が現在進めている Web プラットフォームの詳細については、Mozilla のプラットフォームエンジニアリング担当 VP 兼暫定 CTO、David Bryant の最近の投稿記事をご覧ください。

セキュリティとプライバシー

Mozilla は、インターネット上での個人のセキュリティとプライバシーは基本的なものであり、オプションとして扱うべきではないと考えています。この 1 年間、私たちはより安全なオンライン体験を構築するために多大な貢献をしてきました。

  • Mozilla は、Web 上のすべてのサイトにおけるセキュリティの確立を目指して、新しい認証機関 Let's Encrypt を共同設立しました。
  • Android 版 Firefox は、フィッシングとマルウェアの防止機能を備えた初めてのモバイル Web ブラウザとなりました。
  • Mozilla はインターネットプロトコルの設計と開発で重要な役割を果たしています。最近では、さまざまな関係者と協力して HTTP/2 の開発と設計に取り組みました。HTTP/2 は Web にパワーをもたらすプロトコルの新バージョンで、高速化とセキュリティの強化を図ったものです。
  • 従来のビデオ会議システムでは、会議サービスの提供者がユーザの通話を傍受することができます。そこで、Mozilla は他の IETF メンバーと協力し、世界初となるエンドツーエンドのセキュリティを備えたマルチユーザ対応のビデオ会議システムを開発するため、先頭に立って取り組みを進めています。

スノーデンの一件があった後の時代においては、引き続き自由でオープンなインターネットを維持するために、上述のような技術の進歩が必要であると Mozilla は考えています。

ポリシー

Mozilla のポリシーチームと Mozilla コミュニティは、Mozilla のミッション、オープンなインターネット、個人のセキュリティ、個人の Web 体験に対するコントロールについて支持を表明するため、法律や規制によってユーザの権利を擁護するなどの活動を通してグローバルな問題に取り組んでいます。

  • オープンなインターネットへのアクセスは、個人にとっても革新を目指す人々にとっても、不可欠なものです。2014 年に米国でネットの中立性を維持する厳しい規制が採択されたとき、Mozilla は重要な役割を果たしました。また、ペルーヨーロッパ、インドでネットの中立性と zero-rating (ユーザにとって通信料無料のサービス) をめぐる議論が生じたときも Mozilla はグローバルに取り組み、この問題に関するレターをインドのモディ首相宛に送付しました (詳しくは、私の投稿をご覧ください)。
  • 世界各国で政府の行き過ぎた監視に対して、Mozilla は積極的に闘ってきました。例えば、米国での米国自由法の可決の支持、英国、カナダ、フランス、ドイツ各国の監視改善に対する賛同、ニカラグアなど他国の Mozilla コミュニティのサポートなどはその一例です。先ごろ、Mozilla は監視に関する 3 原則をリリースし、行き詰まりがちな議論について新しい考え方を示しました。
  • 昨年のブラジルでの Marco Civil 法案可決にも、Mozilla は大いに関与しました。この法律は、インターネットの使用に関してブラジルの個人、政府、企業の原則、保証、権利を明確に定めたものです。詳しくは Norberto Nuno Andrade の投稿記事をご覧ください。
  • この他にも Mozilla は、米国の特許改革、南アフリカのサイバー犯罪、ヨーロッパの著作権改革グローバルでユーザ中心の視点によるサイバーセキュリティなど、さまざまな国々の多くの課題に対して自らの姿勢を示してきました。

開発者

Mozilla Developer Network (MDN) は、オンラインで作業する Web 開発者にとって重要なリソースです。Mozilla は誰もが Web を活用できるようにするため、10 年以上にわたってこのリソースをすべての人に無料で提供してきました。昨年は初めての開発者専用ブラウザである Firefox Developer Edition を公開し、年間を通じてこのエディションの改良を進めてきました。

Mozilla Foundation

Mozilla は、Hive Learning Networks などの教育プログラムとツールの開発も行っています。Hive Learning Networks はオープンな Web の維持を目指し、次世代の人々がデジタルリテラシーのスキルを身につけて活用できるように支援します。私たちは、Mozilla Festival、Mozilla Developer Network、Mozilla Science Lab、OpenNews のジャーナリズムイニシアティブなど、多様で有能なリーダーたちが集まる場も設けています。インターネット上のセキュリティの脅威をより詳しく理解するための包括的な調査プロジェクトである Cyber Security Delphi も公開しました。また、Ford Foundation と協力して Open Web Fellows プログラムにも取り組んでいます。これは、Web を防御する能力を持つ技術リーダーの養成を目指すグローバルなイニシアティブです。

昨年は 10,000 人以上の Mozillian たちが、オープンソースの製品を多様な新しい言語に翻訳したり自由でオープンな Web を擁護するなどの活動を通して、あらゆる年代、あらゆる経歴の人々に、21 世紀の不可欠なスキルを伝授しました。

検索パートナー戦略

昨年、Google との検索契約が更新期限となったため、Mozilla は Google や他のプロバイダ各社との交渉を開始しました。どのプロバイダからも魅力的な条件が提示されましたが、Mozilla では 1 社をグローバルなデフォルトの検索パートナーとして指定することは、ユーザや Web にとってもはや適切な選択ではないと判断しました。その代わりに、国ごとに検索パートナーを選択するというよりローカルで柔軟なアプローチを採用し、新しい広範なパートナーシップによって選択肢を増やして Web の革新を進めることにしたのです。これにより、ブラウザ、Web サイト、サービス、データの扱いを結びつける機会が増えました。それは Mozilla のミッションを前進させて価値を高めることにつながります。こうしたアプローチにより、米国では Yahoo がデフォルトの検索オプションとなり、中国では Baidu、ロシア、トルコ、ベラルーシでは Yandex がデフォルトとなりました。

将来に向けて

Mozilla のミッションは、グローバルな公共のリソースであるインターネットをオープンで誰でもアクセスできるものにすることです。そうしたオープン性を実現するために、Mozilla がこれまで以上に闘うことが世界で求められています。Mozilla にはそのミッションを果たすパワーがあることを、この記事を読んだ皆さんに十分に理解していただけることを願っています。皆さんもぜひ Firefox をダウンロードしたり、ボランティアとして Mozilla の活動に参加してください。詳細は、mozilla.orgをご覧ください。

Mozilla Factory のプロジェクト「コモジラ研究所」がキッズワークショップアワード の最優秀賞を受賞しました

Mozilla Factory のプロジェクトとして活動を行っているコモジラ研究所が、8/29 (土)、30 (日) に開催されたワークショップコレクション 11 に出展し、なんと「第 6 回キッズワークショップアワード」の最優秀賞を受賞しました。

DSC_4568_.jpgDSC_4576_.jpg

コモジラ研究所は、学生が主体となって活動するワークショップ団体で、"ワクワク" をキーワードに小学生から大学生までがモノづくりの楽しさを体験する機会の提供を目指し、ワークショップの企画・運営を行っています。Web の最先端の技術を活かしたモノづくり体験の提供を目指し、メンバー達は日々奮闘しています。

今回は、粘土で作った造形物と、Web アプリ Parapara Animation を組み合わせて、プロジェクションマッピングを体験する「手作りプロジェクションマッピング!」というワークショップを行いました。自分で作った粘土作品に、タブレット上に手書きした絵が SVG animation の技術でリアルタイムにアニメーションとなって投影され、3D アートを体験できるというものです。

コモジラ研究所のブログでは、当日の様子などもご紹介しておりますので、ご興味のある方はぜひご覧いただければと思います。

DSC_4433_.jpgDSC_4310.JPGDSC_4340_.jpg

以前の記事