Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Foxconn が Firefox OS を採用

新しい統合サービスでオープンな Web 技術に基づくエコシステムを拡大

※ 本記事は、2013 年 6 月 3 日に台北で発表されたプレスリリースの抄訳です。

Foxconn Technology Group は本日、HTML5 とオープンな Web 技術に基づく Firefox OS オープンプラットフォームを Foxconn デバイスに採用するため、Mozilla と幅広いパートナーシップを締結することを発表しました。Foxconn は従来、独自仕様製品の製造を手掛けてきましたが、現在、その枠を拡大してソフトウェアとハードウェアを統合するサービスの提供を進めています。これは同社が扱う領域をオープンなオペレーティングプラットフォームへと拡大し、ハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、およびサービスの統合計画を積極的に実施するものです。

Foxconn イノベーションデジタルシステムビジネスグループ (iDSBG) のジェネラルマネージャ、Young Liu 氏は、「現在 Foxconn は、『8 つの画面、1 つのネットワーク、1 つのクラウド』というビジョンの実現に全力で取り組んでいます。ハードウェア製造分野での本来の強みに加え、ハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、サービスを統合して提供するという新しい手法の開発にも取り組んでいます。同じようなビジョンを掲げる Mozilla と共に協業できることを、当社は大変嬉しく思っています。Mozilla の Firefox OS は、HTML5 とオープンな Web 技術に基づいています。その考え方は、Foxconn が推進している戦略と完全に一致します。ソフトウェア開発とハードウェア開発を融合することによって、当社のお客様と消費者の方々により大きなメリットを提供できると考えています」と述べています。

Mozilla のアジアオペレーション社長兼モバイルデバイス担当 SVP であり、Mozilla 台湾の CEO を努める Dr. Li Gong も、「Mozilla は Foxconn と協力できることを大変うれしく思っています。また、Firefox OS とオープン Web をサポートするパートナーが増えているのも素晴らしいことです。オープン Web はモバイルの世界にとって最大かつ最高のプラットフォームであると Mozilla は考えています。Firefox OS のイニシアティブは、モバイルコンピューティングにおけるオープン Web 標準技術をより確固たるものにします。また、よりオープンなシステム統合とデバイスの相互運用を推進し、実現します。今回の提携は、オープン Web のためのモバイルオペレーティングシステムである Firefox OS が、スマートフォンだけではなく多彩なモバイル機器に対応できる大きな可能性を持っていることを示すものです」と述べています。

Firefox OS について

Firefox OS は、Mozilla が HTML5 とその他の Web 技術に基づき、オープン Web 向けのモバイルオペレーティングシステムとして開発したものです。Firefox OS とアプリはすべて、HTML5、JavaScript、および新しい Web アプリケーション API (新しいデバイス、Web アプリ、Mozilla が他に先駆けて開発した System API 標準技術を含む) を使用して開発されています。Firefox OS によって、モバイルユーザ、開発者、メーカーは、現在の独自仕様によるモバイルオペレーティングシステムの制約を解消できます。Firefox OS は世界中の多くのメーカーと通信サービスプロバイダから支持されており、Firefox OS を搭載する最初のデバイスが今夏提供開始の予定です。Firefox OS は、安全でプライバシーへの配慮が行き届き、カスタマイズ可能でユーザが自分でコントロールできるブラウザである Firefox のオープン Web 体験をさらに広げます。

Foxconn について

Foxconn Technology Group は、コンピューティング、通信、家電 (3C) 業界における受託製造サービスのあらゆる分野でパートナー企業に選ばれ、2008 年にはグループ全体で売上高 730 億 US ドルを達成するまでに成長を遂げています。グループ独自の eCMMS ビジネスモデルと世界をリードする IP ポートフォリオにより、今世紀初頭から CEM/EMS/ODM 業界に変革をもたらしています。同グループは、最高水準の迅速さ、品質、エンジニアリングサービス、効率性、および付加価値で高い評価を受けている製造サービスの提供によって、エレクトロニクス製品を活用した快適な環境をすべての人々のために実現することを目指しています。

相互接続、ナノテクノロジー、熱伝導、ワイヤレス接続、材料科学、環境に配慮した製造プロセスの分野を中心とした特許を世界全体で約 60,000 件出願中であり、26,500 件以上を取得済みです。このうち 1,000 件以上がナノテクノロジー関連です。こうした実績により、Foxconn Technology Group は技術革新のリーダーとして認められています。グループの会長 Gou 氏は将来を見据え、同グループの活動範囲を従来の 3C 業界から自動車部品、コンテンツ、チャネル、医療機器、代替エネルギーへと拡大しています。

Foxconn は社会の環境に対する企業の責任を強く認識し、EICC の名誉会員となっているほか、エレクトロニクス製品のサプライチェーンでより厳しい環境基準の採用を推進するために、積極的な活動を行っています。グローバルなフォーチュン 500 企業にもランクされている Foxconn は、大中華圏で最大の輸出企業であり最大の民間製造会社であるという立場を積極的に生かし、エレクトロニクス製品を活用した快適な環境をすべての人々に届けるというビジョンの実現に日々努めています。

Mozilla について

Mozilla は 10 年以上にわたり、Web の先駆者として Web の発展を提唱してきました。すべての人のためのプラットフォームである Web に革新と進歩をもたらすオープンな標準技術を開発し、推進しています。現在、世界中で何億もの人々が Mozilla Firefox を使って、コンピュータやタブレット、携帯電話で Web に接続して検索し、Web の世界を体験しています。詳しくは、mozilla.org をご覧ください。

前後の記事

前の記事: 日本初の Firefox OS 本「Firefox OS アプリ開発ガイド」が出版されます
次の記事: Mozilla Japan は、スマートデバイスジャパン2013 へ出展します