Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

asm.js を使用した初めての商用 3D ゲームをご紹介します

Monster Madness : JavaScript の機能を最大限に盛り込んだ asm.js と Web に移植された Unreal Engine 3 を活用し、プラグイン不要でスムーズに動作するマルチプレイヤーゲーム

今年初めに Mozilla と Epic Games は、asm.js、Emscripten、WebGL を使用して Firefox や他の Web ブラウザで動作する Unreal Engine 3 を紹介し、ゲーム用プラットフォームとしての Web のパワーを示しました。このデモが Trendy Entertainment の子会社である NomNom Games の目に留まり、同社は Unreal Engine 3 を使用する自社の既存のゲームをプラグイン不要で Web 対応にできる可能性があることに大きな期待を寄せました。

NomNom はそれから一週間もたたずに、Epic と Mozilla からの最小限の技術的な支援のみで Monster Madness 用のコードを Firefox に対応させることができました。マルチプレイヤーもサポートしました。同社はこの経験を踏まえ、Mozilla が他に先駆けて導入した Emscripten と asm.js を自社の Web 戦略の中核とすることを決めました。本日、同社の最初の製品である Monster Madness のアルファ版が公開されることになり、Mozilla は大変うれしく思います。Monster Madness はこちらのサイトで Firefox、Chrome、Opera のいずれかのブラウザで試していただけます。マルチプレイヤー機能もサポートされています。Monster Madness の HTML5 ポートは標準の Web 技術のみを使用するため、適切な標準技術をサポートするどのブラウザでも動作し、ブラウザベンダーはパフォーマンスで競争することが可能になります。Mozilla のテストでは Firefox でプレイした場合に最も高速に動作しましたが、皆さんがお使いのブラウザでも試してみて、比較してください!

開発者が、自分と同じような問題を抱えている他の開発者のためにその問題の解決策をより迅速に見つけられる自分のアイディアを共有するというのは、称賛すべきことです。Trendy の CTO、Jeremy Stieglitz 氏はブログを投稿し、自社のプロジェクトに関する短いビデオを提供してくれました。同社の経験は、他の開発者たちが Emscripten と asm.js を組み合わせるというアプローチを活用して Web 対応のゲームを開発することのメリットを理解する上で役立つはずです。

Mozilla が他に先駆けて導入した asm.js によって、Web 上で C や C++ などの言語でコンパイルしたコードを、現在のすべてのブラウザとの互換性を維持しながら実行できるようになりました。このコードはすべてのブラウザで優れたパフォーマンスを発揮し、Firefox や Chrome のような asm.js 対応ブラウザのネイティブアプリケーションのパフォーマンスに急速に近づいています。Mozilla は Emscripten と asm.js の開発を行う一方でゲーム分野に力を入れており、その高速性と複数ブラウザとの互換性を生かした初めての商用ゲームが開発されたのは大変うれしいことです。asm.js の導入は今後も増え続け、ゲーム以外の分野にも広がるものと Mozilla は考えています。asm.js によって、開発者は優れたパフォーマンスと移植性、および Web への導入のしやすさを維持しつつ、使用できる言語の幅が広がります。

NomNom と Unreal Engine がこうした技術を利用して Web 対応のゲームを開発してくれたことを非常にうれしく思っています。マルチプレイヤーのゲームをプレイできることが楽しみです! こちらでぜひゲームを試してみてください。

― Martin Best, ゲームプラットフォーム ストラテジスト

[これは米国 Mozilla のブログ記事 First 3D Commercial Web Game Powered By asm.js Unveiled の抄訳です。文中リンク先は英語となりますのでご了承ください。]

前後の記事

前の記事: Mozilla の 2013 年を振り返って
次の記事: 2014 年 新年によせて