Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

オープンデザイン: Mozilla ブランドアイデンティティの再検討

Mozilla は、ブラウザ Firefox の提供元というだけでなく、インターネットが世界共通のリソースとして、オープンかつ誰もがアクセスできる物であり続けるよう、「ウェブ上での公開性、革新、機会創出を促進させる」という ミッション のもと、さまざまな活動に取り組んでいます。

こうした Mozilla の理念をより多くの皆さんに理解していただけるよう、今年の 6 月から Mozilla のロゴデザインをはじめとした ブランドアイデンティティを新たに検討するプロジェクト がスタートしています。オープンソースの Mozilla らしく、再検討のプロセスは、Mozilla のロゴデザインのコンセプト案を公表し、フィードバックを得てブラッシュアップを重ねるというオープンな手法で進められています。

以下のブログで現時点の案が公開され、世界中からのフィードバックが寄せられていますのでご紹介したいと思います。


[ 以下は、Mozilla Open Design ブログ Tim Murray による記事 "Progress in the making" の抄訳です ]

8 月末、 Mozilla ブランドの新アイデンティティとして、7 つのデザイン案を公開しました。これからの Mozilla が向かう先のビジョンや、良いデザインの原則、そして皆さんのフィードバックを基に、デザインを修正し、本日、4 つの新たなデザイン案を公開します。これらの候補についても、今後修正を重ね、グローバルテストマーケティングにかけていきます。 10 月にはブランドアイデンティティの最終候補が見えてくる見込みです。

jb_Mozilla_first_round_all_up.jpg

まだご覧になっていない方のために、こちらの記事こちらの記事 で今までの経緯を読むことができますが、今回のプロセスが、多くの Mozillian や Mozilla に関心を持っている方々、そして世界各地のデザイナーの関心を集めたことを喜ばしく感じています。何十件もの記事、何百件ものツイート、何千件ものコメント、そしてて何万件ものフィードバックを皆さんからいただきました。プロセスの透明性を重要視する Mozilla にとって、これはこのプロセスが成功していることを意味します。

いただいた建設的なフィードバックをもとに、プロセスを前進させることができました。選別の過程で、お気に入りのデザインが落とされてしまった方もいると思いますが、新しい候補の中からまた、新しい Mozilla を象徴するようなデザインが見つかれば光栄です。

jb_Mozilla_first_round_all_up_slashed.jpg

手放したいくつかのデザイン案

前回公開した 7 つのデザインのうち、4 つの案が落とされ、1 つの案が残り、 残り 2 つの案からは新しいアイデアが生まれました。 Mozilla のミッションとのつながりが薄いことがわかった The Open Button 、人気が高かったものの「複雑すぎる」「他のデザインに酷似している」などの意見が挙がった Flik Flak が候補から外れました。 The Impossible M も早い段階から多くの人気を集めていたものの既に存在している他のデザインが多かったことから、同じく候補から外れました。The Connector も長らく候補に残っていましたが、(複雑すぎるという意見もあり) 他のデザイン案に取って代わられるかたちで脱落しました。

今後のステップ

Mozilla のエージェンシーパートナー johnson banks と二人三脚で検討した所、今後以下のゴールに絞ってデザインの検討を続けます。

  • 視覚的にシンプルであることを重要視し、ロゴ単体としての完成度やわかりやすさにまずは注目する。その後、各デザインシステムへの組み込み方を検討する。
  • Mozilla の Dino ザウルス (恐竜) のデザインの可能性を探索する。フィードバックの結果、昔使用していた Dino ザウルスのロゴとのつながりを持たせて欲しいという希望が多かったため。現在は恐竜の「目」に注目して、新しいデザインを作成していますが、他にどんなDino ザウルスの要素を取り入れる余地があるかを検討します。
  • 無理にインターネットを 3D にレンダリングせずに (これに関しては Wireframe World や Flik-Flak が勇敢に挑戦してくれました )、現在のありのままのインターネットをもっと体現する様なロゴにする。
  • 前回人気が高かった Protocol と Wireframe World のデザインをよりシンプルに洗練させていく

アイデンティティを通して伝えたい Mozilla のメッセージ

前回公開した案のうち 3 つが残り、新たに 1 つ追加しました。

The Pioneers: 初期から人気の高いもので、残っている 4 つのデザインのうち少なくともひとつと相性が良い。

Taking a stand: この案は初期のディスカッションの中で出てきたもので、いまだ強いプレゼンスを誇っている。

The maker spirit: 第一ラウンドのデザイン案の時に出てきたもので、活発で声をきちんと上げる Mozillan をよく表している。これから Mozilla が前進していく上で重要。

The Health of the Internet: 新規アイデア、インターネットの健全性を守り推進する Mozilla としての立ち位置を表している。

残っている 4 つのデザイン案

jb_Mozilla-sept_final_four_all-up.jpg

以下のページでそれぞれの詳細やデザインシステムを見ることができます。そのページに、個別のコメントを残すこともできます。

前後の記事

前の記事: Firefox の Test Pilot プログラムに新たに 3 つの実験的新機能が追加されました
次の記事: Maker Party 2016 : より良いインターネットのため立ち上がりましょう