Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Firefox Focus が日本語を含む 27 カ国語でご利用いただけるようになりました

[ この記事は米国 Mozilla Blog の記事 "Firefox Focus Now Available in 27 Languages" の抄訳です。]

「国際データプライバシーデー」まであと少しとなった本日、Mozilla が提供しているプライバシーに特化したブラウザー「Firefox Focus」が、27 カ国語でご利用いただけるようになりました。これは世界中の Mozilla コミュニティのメンバーが力を合わせ、短いスケジュールの中、急いでローカライズを間に合わせてくれたおかげで可能になったことです。これにより全世界に渡って数十億人が、 Firefox Focus を使って痕跡を残さず、情報の機密性を守りながらブラウズできるようになりました。

本日アップデートが公開される Firefox Focus は、ユーザーのブラウジングの自由を守る Mozilla の継続的な取り組みの一部です。 Firefox Focus の当初のリリース後、閲覧履歴をワンタップで削除できるプライベートブラウジングに、大きな需要があることがわかりました。リリース後、数百万に及ぶ検索が Firefox Focus で実行されましたが、この体験を全ユーザーの母国語でも利用できるようにしたいという想いから今回のアップデートに至りました。

Firefox Focus のホーム画面Firefox Focus のホーム画面

Firefox Focus の設定画面

Firefox Focus の設定画面

ウェブのインクルーシブネスとコミュニティを何よりも大切にしている Mozilla にとって、これは当然の成果だと思っています。ですので、日本語、アラビア語、アゼルバイジャン語、チェコ語、ウェールズ語、ドイツ語、英語(米国)、エスペラント語、スペイン語(地理)、スペイン語(スペイン)、フランス語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、カザフスタン語、オランダ語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、ソンガイ語、スロバキア語、スウェーデン語、トルコ語、ウクライナ語、簡体字中国語、繁体字中国語、その他様々な言語でプライベートブラウジングをしたい場合でも、安心してお使いいただけます。そして、決してこれで終わりではありません。対応言語は今後も追加していく予定です。

Mozilla ではブラウジング体験をカスタマイズ可能にすることに全力を注いでいます。そのため、 今回のアップデートで Firefox Focus のデフォルト検索エンジンを変更するオプションも追加しました。これは iOS 版、 Windows 版、 Mac 版の Firefox でも提供されているカスタマイズ性です。

広範囲に渡るユーザーリサーチの結果や Mozilla コミュニティから寄せられる多くのフィードバックによって、多くのユーザーが、トラッキングや不要な広告の心配をしなくてもよいブラウジング体験を求めていることがわかりました。これは多くのユーザーが Firefox Focus を選ぶ大きな理由でもあり、 Mozilla が Firefox Focus をつくった理由でもあります。そして、「国際データプライバシーデー」に先立ち、この「消去」ボタンを多くの人に届けられることは Mozilla にとっても光栄です。

今度もユーザーの声に耳を傾けながら、プライバシーを強化するためにさらなる機能を追加していく予定です。

Firefox Focus は App Store よりダウンロード可能です。

前後の記事

前の記事: 最新版 Firefox が本日リリース