Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Firefox 次期バージョンのテスター向けベータ版第 1 弾、Firefox 4 Beta 1 を公開しました

本日、Firefox 4 Beta 1 が、テスト目的で使用できるよう公開されました。このベータ版第 1 弾では、Firefox 4 に搭載される予定の機能を一足早く試してみることができます。今後さらに新機能を実装し、2 週間から 3 週間ごとに新しいベータ版を公開する予定ですので、注目していてください。今回ベータ版を公開したのは、開発プロセスの初期段階で広く意見を集めるためで、製品をより洗練するために 皆さんからのフィードバック が不可欠です。

Firefox 4 Beta 1 には 数多くの新機能や大幅な改良 が含まれており、早期にテストを開始することで、Firefox の次期バージョンに向けて皆さんからのフィードバックに応えることができると開発チームでは考えています。Beta 1 をダウンロードされた方はベータプログラムの一員となり、今後ベータ版が公開されるたびに自動更新通知を受けられます。

Windows 版では、最も目立つ新機能はブラウザの見た目の刷新でしょう。タブが最上部に移動され、Web コンテンツに注目しやすく、ブラウザ内のツールを管理しやすくなりました。また、Windows 7 と Windows Vista では、メニューバーが単独の Firefox ボタンに置き換えられ、最もよく利用するオプションをワンクリックで使用できるようになりました。これらの変更は Mac 版と Linux 版にもまもなく行われる予定です。

今回のベータ版は、Windows 版の見た目の変更にとどまらず、様々な新機能を提供します。

  • 新しいアドオンマネージャ: 拡張機能、テーマ、プラグインを、従来の小さなウィンドウの代わりにコンテンツエリア内で管理できるようになりました。ブラウザのカスタマイズがかつてなく簡単になります。
  • HD 動画: ハードウェアアクセラレーションが有効になった、非常にスムーズな HD 品質の HTML5 動画を YouTube で楽しめるようになりました。これは、先日発表された 新しい WebM 形式 によるものです。
  • プライバシーの改良: Mozilla ではユーザのプライバシーを常に最重視してきました。今回のベータ版では、ブラウザの履歴が漏えいするおそれのある Web 標準の問題の修正 が行われています。
  • クラッシュの防止: Firefox 3.6.4 の Windows 版と Linux 版に実装された クラッシュ防止機能 が Mac 版にも追加されました。Flash などのプラグインがクラッシュもしくはフリーズしても Firefox はクラッシュせず、ページを再読み込みするだけでブラウジングを続けられます。
  • パフォーマンスの向上: Mozilla では当然のことながらパフォーマンスが重要であることを理解しています。今回のバージョンでは、起動時とページ読み込み中の応答性を向上させることに注力しました。Firefox 4 のパフォーマンス向上作業はまだ始まったばかりで、今後もチューニングが続けられます。

Web 開発者の皆さんは、バックエンドに行われたいくつかの変更にも興味があることと思います。

  • HTML5 パーサ: 最新そして未来の Web アプリケーションを最高の状態で提供しましょう。ユーザが使用しているブラウザが HTML5 に対応していなくても、コンテンツにアクセスできなくなることはありません。
  • Web ソケット: ゲームやチャットなど、リアルタイムのオンラインインタラクションを構築しましょう。
  • IndexedDB: Web アプリケーションで構造化されたストレージを使用して、高速化を行うとともに、オフラインサポートを提供できます。
  • Web コンソール: この実験的な「ヘッドアップディスプレイ」的な解析ツールによって、動的な Web サイトを調査することができます。
  • よりシンプルになったアドオン開発: 新しい強力な Jetpack SDK を使用して、よりすばやく、インストールに再起動が不要なアドオンを作成できます。また、js-ctypes を使用して、既存のライブラリへ安全に接続できます。
  • Firefox が対応している Web 技術の一覧 は、Firefox 4 対応技術一覧 をご覧ください。

今後のベータ版ではテストできる機能がさらに増える予定です。また、このベータ版に含まれているすべての機能が Firefox 4 の最終版に含まれるとは限りません。Firefox 4 を形作るために皆さんからのフィードバックが必要なのはこのためです。フィードバックを簡単に寄せていただけるよう、Firefox 4 のベータ版には新しい Feedback アドオン が含まれています。ベータ版のここが気に入った、もしくは気に入らないと思ったときは、Feedback ボタン をクリックして、意見をお聞かせください。このアドオンには Mozilla Labs の Test Pilot も含まれており、匿名の調査に参加していただけるかどうかをお尋ねします。Feedback ボタンから設定を変更することで、一部もしくはすべての調査への参加を取りやめることができます。(ユーザの許可なく Mozilla へデータが送られることはありません)

ベータ版のダウンロード詳細は以下のページをご覧ください。[下記リンク先はすべて英語です]

Firefox 4 Beta 1 の公開までに素晴らしいフィードバックを寄せていただいたナイトリーテスターコミュニティに感謝します。Firefox 次期バージョンのベータテストへのご協力よろしくお願いいたします。

[これは米国 Mozilla のブログ記事 Firefox 4 Beta 1: Tell us what you think! の抄訳です。Firefox のベータ版は、開発者やテスターの皆さんを対象に、動作検証の実施とフィードバックの提供を行っていただけるよう公開しているものです。一般の方はダウンロードしないようご注意ください。ベータ版を使用する際は、新規プロファイルの作成をお勧めします。Beta 1 は英語版のみ公開されています。日本語を含む他の言語版は今後公開される予定です。また、現時点でアドオンの大半は未対応です。]

[Web 開発者の方は Mozilla Hacks ブログ記事の抄訳 Firefox 4 Beta 1 リリース - Web 開発者注目の新機能を紹介 も併せてご覧ください。この記事にあるように、Beta 1 にはまだ新 JavaScript エンジン「JägerMonkey」の開発成果は含まれていません。高速化は今後のベータ版で進められます。]

前後の記事

前の記事: Thunderbird 2 サポート終了のお知らせ
次の記事: アドオンのセキュリティ脆弱性に関するお知らせ