Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Firefox の最新版とアドオンの互換性について

Firefox と Thunderbird が最近のバージョンから高速リリースサイクルへ移行したことは、前々からこのブログでも案内していますが、やはり皆さんが気になるのはアドオンの対応状況ではないでしょうか。現在公開している新バージョンはセキュリティアップデートでもありますので、アドオンが対応するまで更新を待つというのは、実は安全性の面で問題があります。かといって、お気に入りのアドオンが使えなくなるのも困りものです。

Mozilla では、皆さんができるだけスムーズに新バージョンへ移行できるよう、アドオン作者の手を煩わせずに自動的に対応バージョンを更新したり、修正が必要と思われる場合は作者へ直接連絡を取って対応をお願いしたりするなど、互換性を最大限保つための対策 を講じています。

最新版となる Firefox 5 では 既に 98% のアドオンが対応済み です。しかしながら、ほとんどのアドオンは Mozilla 以外の一般のユーザや企業が公開しているため、中には作者の都合によって開発が止まってしまうものもあります。このため、この数字はどうしても 100% にはなりません。

Mozilla の公式サイトには登録されていませんが、多くの方がお使いで有名なものとして「Google ツールバー」があります。Firefox 5 以降使えなくなってしまったということで、実際 Mozilla の フィードバック窓口 にも対応を求める声が少なからず届いていましたが、このたび提供元の Google 社から、Google ツールバーが Firefox 5 以降のバージョンには対応しないことが、公式ブログ [英語] で発表されましたヘルプ記事 で代用可能な他のアドオンが紹介されていますが、日本語で利用できるものも Mozilla Japan のアドオンサイト に載せていますので、参考にしてください。ページの翻訳メールチェックフォームの入力支援 など、カテゴリ別に参照することもできます。

Google ツールバー以外にもいくつか未対応のアドオンはありますが、今日で Firefox 5 の公開から 1 か月が経っており、同様に開発が終了してしまっている可能性も考えられます。最初に書いたように、新バージョン=セキュリティアップデートですので、まだ Firefox 4 をお使いの皆さんは早めに Firefox 5 へ更新し、代わりのアドオン を探してみてください

前後の記事

前の記事: Thunderbird の新しいベータ版を公開しました
次の記事: Firefox と Thunderbird のローカライズ勉強会、参加者募集中!