Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

新しい開発者向けツールを備え Sync の改良も行った Firefox のベータ版をテスト用に公開しました

Windows、Mac、Linux、Android に対応する Firefox の最新ベータ版 をテスト用に公開しました。今回のベータ版には、Web サイトや Web アプリケーションの作成や修正をより素早く簡単に行えるようにする、新たな開発者向けツールを組み込みました。また、Firefox Sync の改良も行い、パソコンとモバイル端末の同期をより手軽に始められるようにしました。

Web 開発者向けの新機能と改良

  • フルスクリーン API: 画面全体を活用する Web アプリケーションを開発できるようになりました。この API はあらゆる HTML コンテンツの全画面表示に対応しており、開発者は楽しく魅力的な動画コンテンツやゲーム体験を提供できます。詳しくは Mozilla Hacks の記事 をご覧ください。Mozilla Japan 動画ギャラリー の HTML5 動画プレイヤーで実例を見ることもできます。
  • ページインスペクタ: ページ内のスタイル、フォント、配色、位置などを素早く簡単にテストできる新しい開発者向けツールです。選択した要素の HTML コードや CSS ルールを一目で把握できます。ページの HTML ドキュメント構造を確認しつつ、別の要素を次々に見ていけるようになっています。
  • スタイルインスペクタ: このツールを使えば、ページ内の選択した要素に適用されている CSS プロパティを確認し、値を動的に変更して、デザインを試しに変えてみることができます。詳しくは Mozilla Hacks の記事 をご覧ください。
  • CSS3 3D トランスフォーム: CSS を使って 2 次元の要素をアニメーションさせ、3 次元に変形することができます。サードパーティ製プラグインは必要ありません。詳しくは Mozilla Hacks の記事 をご覧ください。
  • WebGL のアンチエイリアス: WebGL コンテンツの縁がスムーズになりました。これによって、特にゲームやアニメーションが美しく表示されます。
  • スクラッチパッドの改良: これまで単純なプレーンテキストエディタだったスクラッチパッドに Orion コードエディタを統合しました。Orion は構文の強調表示を含む素晴らしい機能を備えているため、JavaScript の作成がより簡単になります。

ユーザ向けの新機能と改良

  • アドオンの互換性改善: Firefox の更新を、よりスムーズに、そしてより気軽に行えるようになりました。今後は、互換性のないことが確認されたアドオンは自動的に無効化され、その他のアドオンは原則として新バージョンに対応しているものとして扱われます (バイナリコンポーネントを含むアドオンは除きます)。互換性のないアドオンが確実に無効化されるよう、皆さんのテストを求めています。詳しくは Add-ons Blog の記事 をご覧ください。何か問題を見つけた場合は バグを報告 してください。
  • Firefox Sync の改良: セットアップ手順をさらに簡素化し、パソコンの前にいなくても、Android スマートフォンやタブレット、その他 Sync が利用可能な端末を同期できるようにしました。

ベータ版のダウンロードと詳しい情報

既に Firefox のベータ版をインストールされている方には自動更新通知が届きます。新たにベータ版を試用されたい方は プレビューリリース のページからダウンロードできます。フィードバックをお寄せいただき、Firefox のさらなる改良にご協力ください。

バージョン 4 以降高速リリースサイクルへ移行した Firefox は、今後原則として 6 週間ごとのバージョンアップとなります。次期バージョンの正式公開はの予定です。

詳しくは以下のページをご覧ください。

[これは米国 Mozilla のブログ記事 Firefox Beta with New Developer Tools and Enhanced Sync Is Ready for Testing の抄訳です。文中リンク先の一部は英語となりますのでご了承ください]

前後の記事

前の記事: Firefox の 2011 年を振り返って
次の記事: Thunderbird の最新ベータ版を公開しました