Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Do Not Track - 重要なのはユーザ本人の意思を伝えること

先週、Microsoft が Internet Explorer の Do Not Track (DNT) 実装に変更を加えたことを 発表しました。IE 10 のプレリリース版では、Web 上でのサードパーティによる行動追跡を拒否する意思を示す DNT ヘッダが、ユーザに代わって自動的に送信されるとのことです。

わずか 1 年前、Firefox が DNT に対応している唯一のブラウザだったことを考えると、同社による DNT への重点的な取り組みは高く評価できるものと言えます。こうした動きは、DNT をさらにメインストリームへ押し上げるとともに、ユーザ自身による個人情報の管理という重要な問題への関心を高めることにつながるでしょう。

Mozilla は、IE の新しい DNT 実装と、それが現在行われている標準化作業へ与える影響について、より理解を深めたいと考えています。また、DNT がどうして最も有効な方法になり得るのかについて、私たちの立場 だけでなく W3C Tracking Protection Working Group合意された見解 についても、Web コミュニティの皆さんに知っていただくのが良いと思っています。

DNT は、考案された当初から、追跡されたくないという個人の選択を表明することを目的としています。そのシグナルが、ソフトウェアメーカーではなく、実際に画面に向かっている人間によって行われた選択を表すことが重要なのです。なぜなら、最終的に追跡されるのは、ブラウザではなくユーザだからです。主要な消費者プライバシー保護団体と Microsoft を含む業界代表から構成されている W3C ワーキンググループの言葉を借りれば、

「表明という考えで重要になるのは、それがユーザの選択を反映すべきであるという点です。ユーザの制御下にない、何らかの組織あるいは外部のネットワークによって押し付けられた仕組みによる選択であってはなりません。」 (追跡の選択の表明について、W3C エディターズドラフト、2012 年 5 月 29 日)

DNT は特定の技術を無効化するスイッチのようなものではなく、むしろコードに反映されたユーザ個人の願望の表明なのです。またそれこそが、この機能を優れたものにする大きな特長となっています。Do Not Track は特定の技術を越えて、ユーザのブラウジング習慣がどのように利用されるかという、最も重要な問題の核心に迫ります。

行動追跡に関するユーザの選択を送信するシグナルには、以下の 3 通りが考えられます。

  1. ユーザが追跡の受け入れを表明している
  2. ユーザが追跡の拒否を表明している
  3. ユーザが何も選択していない

Firefox は 3 の状態を既定値として実装しています。Mozilla にはユーザの意思は分かりませんので、初期設定ではサーバに対して何もシグナルを送信しません。これによってシグナルの存在はより重要な意味を持ちます。送信されるシグナルは、Mozilla の選択ではなく、ユーザ自身の選択ということになるのです。このため Firefox は、ユーザが自ら意思を示すまで、シグナルの送信は行いません。

DNT は、画面の前に座っている人間と、その人が訪れようとするサイトの間の対話を可能にしました。DNT を初期設定で有効にしてしまったら、それは対話ではなくなります。DNT を効果的なものにするためには、ユーザ本人の声を表す必要があるのです。

Mozilla が DNT を導入した理由は、まさにここにあります。ユーザが声を出して、自分が追跡されたくないという意思をサイトに対して伝えられるようにすること、それが私たちの意図するところです。Mozilla ではサイトや広告会社が具体的な対応を始める前に DNT を Firefox へ実装しましたが、DNT が実用化されるためにはこのような方法が最も効果的であると今でも確信しています。

Mozilla プライバシー責任者 Sid Stamm & Alex Fowler

[これは米国 Mozilla のブログ記事 Do Not Track: It's the user's voice that matters の抄訳です。文中リンク先の一部は英語となりますのでご了承ください。Do Not Track の詳細については、先日 Mozilla Japan が実施した オンラインプライバシー勉強会のレポート・資料と Do Not Track 実装ガイド もご覧ください]

前後の記事

前の記事: 日本発、Mozilla Factory を始動します! #mozillafactory
次の記事: 新しくなった Firefox のスタートページとタブページを紹介します