Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Thunderbird の最新版を公開 - 新規メールアドレスの取得と巨大ファイルの共有が簡単に

Windows、Mac、Linux 版 メールソフト Thunderbird の最新版を公開しました。今回の主な新機能は、新規メールアドレスの取得と巨大ファイルの共有です。

自分、家族、あるいは仕事用に独自ドメインのメールアドレス (例えば「kirk@chezkirk.net」など) を持ちたいと思ったことはありませんか? Thunderbird なら、そうした願いを簡単に叶えることができます。Gandi、Hover 両社との提携により、Thunderbird 内で直接新規メールアドレスを取得できるようになりました。新たなアドレスを取得したら、Thunderbird が自動的にアカウント設定を行い、メッセージを送受信できる準備を整えます。

この 2 社はそれぞれヨーロッパと北米に拠点を置いています。両社ともアドレスの取得は誰でも可能ですが、特定の国別ドメイン (「.us」「.com」など) を希望する場合は該当地域の会社を選択してください。Mozilla では、今後世界の他の地域も対象とし、さらに多くの選択肢を提供するため、他の会社とも協力を進めています。

今回のバージョンには、巨大ファイルの共有を簡単にする、まったく新しい新機能も追加しました。ファイルをメッセージへ直接添付する代わりに、オンラインストレージサービスへアップロードし、そのリンクを送信することで、巨大なファイルの転送を高速化できるようになったのです。メッセージの送信時間を短縮するとともに、受取人のサーバから容量超過でメッセージが返送されてくる問題を防ぎます。自分の送信済みトレイと受取人の受信トレイ、それぞれの保存領域を節約できるというメリットもあります。

この「Filelink」機能を使えば、Thunderbird が自動的にあなた個人のストレージアカウントへファイルをアップロードし、そのダウンロードリンクをメッセージに挿入して送信します。受取人はそのリンクをクリックすればファイルをダウンロードできます。今のところ YouSendIt と提携していますが、近い将来他のパートナーも追加する予定です。

この最新版には、前バージョンで見つかったセキュリティ問題の修正も含まれます。また、以前お知らせした通り、Windows 2000 と Windows XP SP1 への対応は打ち切りました。詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

法人向け延長サポート版の更新

延長サポート版 (ESR) のセキュリティアップデートは準備中です。公開され次第この記事に追記し、法人向けニュースレター でもお知らせします。

更新: 延長サポート版 (ESR) のセキュリティアップデートも公開しました。ESR を導入されている法人では速やかな適用をお願いします。

旧バージョンの更新

Thunderbird 3.1 のサポートは で終了しました速やかに最新版へアップグレードしてください

[これは米国 Mozilla のブログ記事 New Thunderbird release: Simplify your email experience! の抄訳です]

前後の記事

前の記事: Firefox の最新版には Web ブラウジングをより速く簡単にする改良がいくつも - スタートページとタブページを一新、SPDY プロトコルにも対応
次の記事: Mozilla Japan は World IPv6 Launch に参加しています