法人向け情報

Mozilla では、Firefox を一括導入し
集中管理している企業や教育機関、公共機関、
その他法人向けに、サポート期間を約 1 年、
マイナーアップデートを 6〜8 週間ごととした
「延長サポート版」を提供しています。

延長サポート版とは?

Mozilla では、Firefox の通常版をベースとした延長サポート版 (ESR: Extended Support Release) を、企業、教育機関、公共機関など、 一括導入のため長期サポートを必要としている法人向けに提供しています。
Firefox の ESR は、Firefox の一括導入を検討し、 エンドユーザのデスクトップを集中管理している法人向けです。 つまり、企業や大学、政府機関、地方自治体などが対象です。
最新機能、パフォーマンス向上、先端技術をブラウジング体験に取り入れたい 個人ユーザは、通常版の Firefox をダウンロードしてください。 ESR にそうした改良が反映されるのは、 それらが通常版に投入されてから数開発サイクル後になります。
個人的に Firefox を使っている方は、引き続き通常版をご利用ください。

Mozilla 製品が組織内でどのように活用されているか、企業、行政機関、教育機関などの具体的な導入事例を、担当者のインタビューを交えてご紹介します
ESR のライフサイクル

メジャーアップデートは 1 年に 1 回程度の間隔で行い、 その間、通常版のリリースと同時 (原則として 6〜8 週間ごと) に、 セキュリティ問題の修正を含むマイナーアップデートを提供します。 ESR は、新バージョンの導入前に検証を行えるよう、 新バージョンの公開から旧バージョンのサポート終了まで 2 サイクル (12〜14 週間) の重複期間を設けています。


各バージョンのサポート期間中に提供するマイナーアップデートでは、 リスクが高いか影響が大きいセキュリティ問題の修正のみを行います。 また、いわゆるゼロデイ脆弱性を解決するために、定例外の緊急リリースを行う場合もまれにあります。 通常版で行った機能の改善や安定性の向上は ESR のマイナーアップデートには含まれません。
各バージョンのサポート期間終了時には、
  • サポートを終了し、以後、そのバージョンに対するマイナーアップデートは提供されなくなります
  • アプリケーションの更新機能を通じて、新バージョンへのメジャーアップデートを提供します


ダウンロード
最新バージョン (ESR 45) の日本語版と英語版
もっと詳しく
ESR の技術サポートは
どこで受けられますか?

技術サポートが必要な場合は、法人向けサポート をご検討ください。 なお、ESR は機能的には同じバージョンの通常版と同一です。 一般的な情報に関しては、Mozilla のサポートサイト をご覧ください。

ESR について詳しく
知りたいのですが?

ESR のライセンス、動作環境、サポート、リリースなど、一般的な情報については よくある質問ページ をご覧ください。

法人利用に関して詳しく
知る機会はありますか?

Mozilla Japan では法人向け Firefox 導入セミナーを開催しています。法人利用に関して詳しく知る頂く機会としてご利用ください。
Doorkeeper の Mozilla コミュニティに登録頂ければ今後、ご案内をお送りします。

Android 版 Firefox
の ESR はありますか?

Android 版 Firefox に ESR はありません。
延長サポート版の提供は Windows、Mac、Linux 版のみです。

Thunderbird に
ESR はありますか?

Thunderbird はバージョン 24 から通常版と ESR が統合されました。 通常版でも ESR と同様、メジャーアップデートは 1 年に 1 度となります。 通常版をご利用ください。

自社の要件に合わせて
カスタマイズするには?

Firefox や Thunderbird のカスタマイズ、集中管理、機能制限の方法などは 技術的なよくある質問ページ で説明しています。 また、法人向けサポート のページで、カスタマイズサービスを提供している会社を紹介しています。

イベント情報