複数バージョンの併用

FirefoxやThunderbirdを別のプロファイルで同時に起動したい

キーワード 導入時初期設定

Firefox(およびThundebrird)は通常、既にFirefoxが起動している状態でもう一度Firefoxをショートカット等から起動しようとすると、既に起動しているFirefoxにおいて新しいウィンドウを開くという操作になります。 Firefoxの実行ファイルに対して起動オプションを与えることで、異なるユーザープロファイルでFirefoxを同時に起動することができます。

設定方法

例として、(設定の検証などに使用する)新規プロファイル環境のFirefoxを同時に起動できるようにする手順を示します。

  1. プロファイル情報保存用のフォルダを任意の位置に作成します。 ここでは例として、%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\another に作成することにします。
  2. Firefoxを起動するためのショートカットをデスクトップ上にコピーし、任意の名前に変更します。 ここでは例として、Firefox Another とします。
  3. 2.で作成した新しいショートカットのプロパティを開き、リンク先 に記載されているFirefoxの実行ファイルへのパスの後に、-no-remote -profile "(1.で作成したフォルダのパス)" というオプションの指定を加えます。 Firefoxが C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox にインストールされている場合、最終的なリンク先は以下のようになります。

     "C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox\firefox.exe" -no-remote -profile "%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\another"
    

以上で、同じバージョンのFirefoxを別々のプロファイルで同時に起動できるようになります。 通常のショートカットで起動すると今まで通りのFirefoxが、上記手順で作成したショートカットで起動すると新規プロファイルの環境のFirefoxがそれぞれ起動します。

なお、他のアプリケーションでリンクを開こうとした場合や、URLショートカットを開こうとした場合には、上記手順で作成した新規プロファイルではなく、既存プロファイルのFirefoxが起動します。

複数のバージョンのFirefoxやThunderbirdを併用し、同時に起動したい

キーワード 導入時初期設定

Firefoxの実行ファイルに対して起動オプションを与えることで、異なるバージョンのFirefoxを同時に起動することができます。

設定方法

例として、通常リリース版のFirefoxがインストールされている環境で、ESR版Firefoxを同時に起動できるようにする手順を示します。

  1. 起動中のFirefoxのウィンドウをすべて閉じ、終了します。
  2. 新たにインストールしたいバージョンのFirefoxのインストーラを起動します。
  3. 「カスタムインストール」を選択し、インストール先を今まで使用していたバージョンのFirefoxとは異なる位置に指定します。 ここでは例として、C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox ESR にインストールすることにします。 また、この時デスクトップおよびスタートメニューのショートカットは作成しないようにします。 (既存のショートカットを上書きしないため)
  4. ESR版Firefox起動専用のプロファイル情報保存用のフォルダを任意の位置に作成します。 ここでは例として、%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\esr に作成することにします。
  5. 3.でインストールしたFirefoxの実行ファイルへのショートカットをデスクトップ上に作成し、任意の名前を付けます。 ここでは例として、「Firefox ESR」とします。
  6. 5.で作成した新しいショートカットのプロパティを開き、「リンク先」に記載されているFirefoxの実行ファイルへのパスの後に、-no-remote -profile "(5.で作成したフォルダのパス)" というオプションの指定を加えます。 ここまでの手順の例に則ると、最終的なリンク先は以下のようになります。

     "C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox ESR\firefox.exe" -no-remote -profile "%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\esr"
    

以上で、通常リリース版のFirefoxとESR版Firefoxを同時に起動できるようになります。 通常のショートカットで起動すると今まで通りのFirefoxが、上記手順で作成したショートカットで起動するとESR版のFirefoxがそれぞれ起動します。

なお、他のアプリケーションでリンクを開こうとした場合や、URLショートカットを開こうとした場合には、上記手順でセットアップしたESR版Firefoxではなく、通常リリース版(既存プロファイル)のFirefoxが起動します。